あなたは通勤時間に何をしていますか?LINEやゲーム、SNSのチェックなどで時間をつぶしている人も多いのではないでしょうか?実は通勤時間を上手く勉強に活用することで、資格を取ったりスキルアップを簡単に目指すことができます。ここでは通勤時間を「空き時間」ととらえず、「勉強時間」に変える方法を紹介します♪

 

 

 

 

 

 

 

1・思い切って携帯の電源をOFF

携帯電話の電源を入れておくと、ついついSNSやラインをチェックしてしまいがち。

「携帯が気になって集中できない」「勉強はアプリではなく教本を使う」という人は、思い切って電源を切ってしましましょう。

もし大切な電話がきたらどうしよう…と不安になるかもしれませんが、どっちみち電車内での通話は出来ないですよね。電車から降りたら電源を入れる習慣をつけましょう。

2・座れないときは携帯アプリで学習

満員電車の中、立ちながら教本を広げて勉強をするのはとても難しいです。なかなか集中できませんし、つり革につかまっていないと危ないですよね。

そんな時は、携帯アプリを活用しましょう!現在は様々な資格勉強に対応するアプリが出ています。有料のものもありますが、無料でも質のいいアプリもありますよ!!

「どうしても教本で勉強したい」という事でなければ、教本とアプリを併用してみるのも1つの手段です。

3・イヤフォンで騒音をシャットダウン!!

電車内は、静かな時もあれば騒音が激しい時もあります。誰も話をしていなくても、人の気配が気になって集中できないことも。

そんな時はイヤフォンが便利です♪音楽を聴きながら勉強できる人は、好きな音楽を流して集中力を高めましょう。

音楽を流さずイヤフォンをつけているだけでも、イヤフォンが耳栓のような役割をしてくれるので、周りが気にならなくなります。

音楽を聴かないひとも、ぜひ一度試してみてください♪

通勤時間を学習時間にあてることは「毎日必ず同じ時間勉強することができる」というメリットがあります。

「家では学習時間をうまく確保できない」「とにかく時間がない」という人は、通勤時間を活用して学習してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事