質の良い睡眠をとるには睡眠環境が大切!!ぐっすり眠るための3つの工夫♪

ライフスタイル

あなたは毎日よく眠れていますか?人によって眠れない原因は多岐に渡ります。しかしその多くが「睡眠環境」を整えることで改善出来る場合があります。ぐっすり眠るために「睡眠環境」を整える工夫をしてみませんか?今回は良い眠りを得るための3つの工夫を紹介します。

質の良い睡眠には「環境」が大切

質の良い睡眠をとるには、眠る環境がとても大切です。特に気にしてほしいのが「部屋の明るさ」です。

朝、起きたときに太陽の光を浴びた方がいいと言いますよね?それは、光を浴びることで脳が”活動モード”になってすっきり起きることが出来るからです。

逆に夜眠っているときに光を浴びると、脳が勘違いして”活動モード”に入ってしまうそう。遮光カーテンなどを使って、出来るだけ部屋を暗くして眠るようにしましょう。

お風呂は睡眠の1時間前までに済ませる

人は、眠っていると体温が下がっていくそうです。体温が徐々に下がることで、脳や神経が”睡眠モード”になっていくと言われています。

お風呂上りで体が火照っていたり、体が冷め切ってるとなかなか寝付けない原因に。風呂上りの1時間後くらいが睡眠に入るベストな体温なんですね。

寝つきが悪いとそれだけでストレスにもなるので、体温調節で上手く寝付けるように工夫してみましょう。

寝る前にPC・スマホは見ない

最近では「寝る前にPC・スマホを見ない」というのは常識になってきました。その原因は、液晶画面から発せられるブルーライトと言われています。

寝る直前までPCやスマホを見ることで、脳や神経が興奮状態になります。また寝る前にブルーライトを目に入れることで、体内時計が狂い、生活リズムが乱れてしまうそう。

ブルーライトカットのメガネや、液状画面に付けるスマートフォンフィルムも発売されていますが、出来れば睡眠の1時間前にはPCやスマホを見ないように習慣づけましょう。

mignon編集部

27,549 views

mignon編集部です。

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。