近年、健康やダイエットを目的として、「Vergan」に転向する人が増加しています。もともと海外では、ベジタリアンやビーガンの人が多いですが、日本でもビーガン用のメニューが考慮されるようになってきました。そんな「Vergan(ビーガン)」のライフスタイルを紹介します♪

Vergan(ビーガン)は「完全菜食主義」!!

Verganという言葉は、イギリスが発祥なんだそうです。ベジタリアンの中の一つのタイプが「Vergan(ビーガン)」なんですね。

ビーガンは、ベジタリアンの中でも制限が激しいです。肉・魚・卵・乳製品・ハチミツ・昆虫(色素)など、動物由来のものは一切食べません!

またビーガンの中でも毛皮や動物由来の成分が入った化粧品なども一切使わない人を「ethical veganエシカル・ビーガン」、食べ物のみ制限している人を「dietaly vegan(ダイエタリー・ビーガン)」と区別します。

何でVergan(ビーガン)が注目されているの?

ビーガンを目指す目的は、「健康のため」「動物愛護のため」「地球環境のため」など様々です。しかし近年ビーガンが注目されているのは、そのダイエット効果にあります。

現在"食事制限をすることで健康的に痩せる事ができる"ということで、ダイエタリー・ビーガンを目指す人が急増中。ダイエット目的ではなくても、"健康的になりたい"という人がビーガンを始めるんだそうです。

@beyonce)

ビヨンセは"22DAYS VEGAN CHALLENGE"というダイエットプログラムに挑戦し、30kgの減量に成功したそうです。

こんな人もビーガンだった!Vergan(ビーガン)のセレブたち

@arianagrande)

 

アリアナ・グランデもビーガンの1人。自身の健康と動物愛護のため、2013年にツイッターで完全ビーガン宣言をしました。

@jaredleto)

 

オスカー俳優のジャレット・レトもビーガンで有名です。現在43才のジャレットは、10代の頃からビーガンなんだそう。