12月1日公開予定の映画『鋼の錬金術師』で主演を務めるHay!Say!JUMPの山田涼介らが異例の待遇でワールド弾丸ツアー決定☆一緒に出演している本田翼も登場。12月の公開が待ちきれない♡

12月公開予定の『鋼の錬金術師』のワールド弾丸ツアーが決定♡

@doremi170101)

 

ジャニーズ・Hay!Say!JUMPのメンバーとしても活躍し、俳優としても活躍の場を広げている山田涼介さん。

そんな山田涼介さん主演映画の『鋼の錬金術師』がついに12月1日に公開します☆

日本での人気はもちろん海外でも日本のアニメ文化は非常に人気が高く、ハガレンも人気作品の一つです。

そして6月30日からアメリカ・ロサンゼルスで開催される最大イベント「第26回アニメエキスポ」が開催されるそうです。

さらに7月6日からはフランス・パリで開催される「第18回ジャパンエキスポ」が開催。

それにハガレンチームが参加することが決定しています☆

世界初公開となる本編映像をひっさげて7月3日に、主人公を演じる山田涼介さんとこの作品の監督を務める曽根文彦監督らがアニメエキスポに登場。

7月7日には2人に加えて作品中で重要な役を演じる本田翼さんも登場する予定です♪

日本のアニメなどの実写映画化で出演しているキャストが参加するのは「アニメエキスポ」「ジャパンエキスポ」両方とも初めてのことだそうです。

主演を演じる山田涼介さんは、映画での海外イベント参加は初めての参加になるようです♡

鋼の錬金術師ってどんな物語?

@rkchn_ricky)

 

原作では19世紀産業革命期のヨーロッパをモチーフにして世界が描かれています。

有名な錬金術師の父親持つエルリック兄弟が主役となりストーリーは進んでいきます。

エルリック兄弟父親が失踪をし兄弟を女手一つで育て上げた母親が病にかかりこの世を去ります。

兄弟で旅行をしに訪れた街でイズミ・カーティスという人物に出会い、錬金術によって水害から人々を救う姿に魅了され弟子入りを懇願。

厳しい試験や訓練によって錬金術の実力を磨き上げますが、それには母親を蘇らせたいという重大な目的がありました。

人体錬成は錬金術で絶対に行ってはいけない行為にもかかわらず、兄弟はやってしまうのです。

そして錬成は失敗。兄・エドは左足を、弟・アルは身体すべてを失ってしまいました。

エドは弟までを失うのを恐れて右腕を代価とし、父のコレクションである甲冑にアルの魂を定着させることに成功。

生きる目的を失っていたエドのもとに、国家錬金術師で焔の錬金術師という二つ名を持つロイ・マスタング大佐が訪ねてきます。

そしてエドとアルは自分たちの体を取り戻すために軍の狗として生きることを決意。

2つの絶大なる2つの石を探す旅にでかけるという物語になっています。

鋼の錬金術師は、アニメでも放送されましたがアニメオリジナル部分があったりと原作と違ったストーリーも入っています☆

原作では描かれていない人物が出てきたりなど、アニメの魅力も満載です。

映画ではこれを山田涼介さんがエドとなって演じていると思うと、興味しかわいてきません♡

山田涼介が演じるエドワード・エルリック♡

@ayk_inymfm)

 

鋼の錬金術師ファンである方は今回のキャスティングをどう感じるのか気になるところですが、アイドルとしても大人気の山田涼介さんが主人公であるエドを演じます。

エドことエドワード・エルリックは、金髪で身長もあまり高くないキャラクターです。

山田涼介さんも役などによってヘアカラーを明るいカラーに変えたりしているので、違和感もありません☆

自身の身長も165cmとそこまで高くもないのでこの役には、とても合っているなと思いました。

そんな山田涼介さんですが、最近ではフジテレビ系ドラマ『カインとアベル』などに出演していたりと、演技力のほうも評価も上がっていきています。

ジャニーズの方はドラマなどで主演をつとねるなど、山田さん以外にも最近だとKis-My-Ft2の玉森裕太さんや藤ヶ谷太輔さんもドラマに出演していますよね♪

アニメや漫画は現実離れしたイラストが多いので、その点女性顔負けのきれいな顔立ちをしている山田涼介さんは、本当に合っているなと思いました。

しかし、今回は鋼の錬金術師ということで現実では考えられないストーリーなので演じるのも難しかったのではないかと思います。

山田涼介さんが演じるエドワード・エルリックに期待大です♡

山田さん以外のキャストもとても豪華!!

@aicaixia)

 

エドワード・エルリック - 山田涼介
アルフォンス・エルリック - (未発表)
ウィンリィ・ロックベル - 本田翼
ロイ・マスタング - ディーン・フジオカ
リザ・ホークアイ - 蓮佛美沙子
エンヴィー - 本郷奏多
ドクター・マルコー - 國村隼
コーネロ教主 - 石丸謙二郎
グレイシア・ヒューズ - 原田夏希
グラトニー - 内山信二
マリア・ロス少尉 - 夏菜
ショウ・タッカー - 大泉洋(特別出演)
マース・ヒューズ中佐 - 佐藤隆太
ハクロ将軍 - 小日向文世
ラスト - 松雪泰子

出典:ja.wikipedia.org

実写版『鋼の錬金術師』でのキャストは、主演の山田涼介さん以外もとっても豪華はキャスティングなんです☆

本田翼さん、ディーン・フジオカさん、松雪泰子さんなど今大活躍している若手の方から大物女優さんまで出演しています。

本田翼さん演じるウィンリィ・ロックベルは、ヒロインでもあり、鋼の錬金術師にいなくてはならない存在。

ウィンリィはエドやアルが身に着けているオートメイル(鎧)を整備する機械鎧整備士。

エルリック兄弟を支える重要な人物であり、機械鎧整備士としての腕は優秀すぐりほどの腕前☆

ストーリーでは常にエルリック兄弟の味方であることから、エルリック兄弟の弱点みられることも。

そんな肝っ玉なウィンリィをモデルや女優として活躍している、本田翼さんが演じます!!

そして注目なのが”ラスト”を演じる松雪泰子さん。

ラストは色欲という名を持ったホムンクルスの1人で、2番目に作られたウロボロスの紋章を持つ人造人間。

ラストを演じるキャストが発表された際、松雪泰子さんにドはまりしてる!!と話題になっていました♪

劇中ではどんな姿をみせるのか注目です♡

ファンの反応は♡

@love_k.inoo)

 

 

映画では前編・後編などと2部制などにはせず、完結型でつくられているそうです。

しかし鋼の錬金術師はとても1回ですべてを入れられるようなストーリーではないので、どういった作りになっているのかとっても気になります!!

鋼の錬金術師の中では重要なエルリック兄弟が人体錬成を行ってしまうシーンなどは、予告編を見る限り出てくるのでその辺は原作を忠実に作ったのかなと思っています☆

本田翼さんがオートメイルを整備するシーンや、松雪泰子さんらが演じるホムンクルスの登場も見逃せません♡

いかがでしたか?

実写版『鋼の錬金術師』は12月1日公開の予定です。

アニメや漫画の鋼の錬金術師とは違った楽しみ方ができる素晴らしい作品になっていると思うので、原作ファンの方もそうでない方もぜひ、映画館に足を運んでみてください♡

おすすめの記事