現在ハワイで暮らし、日本と行き来する生活を送る梨花。そのライフスタイルなどから幅広い年代の女性からとても人気があります。そんな彼女が出産やハワイへの移住で気付いたこととは。

 

『MAISON DE REEFUR』が5周年!

@kapua.t)

梨花さん自身が手掛けるブランド『MAISON DE REEFUR』が4月で5周年を迎えました☆

モデルとしてファッションセンスやライフスタイルなど世の女性が憧れる1人として人気のあるモデルさんです。

メゾンドリーファーはどれも梨花さんらしさたっぷりのアイテムばかりで、洋服や小物など愛用している女性も沢山います。

梨花さんが自身のSNSで愛用の私物などをアップすると、そのアイテムは即完売。問い合わせが殺到するときもあるそうです♪

そんな梨花さんのライフスタイルを好む方にとってはメゾンドリーファーは魅力的ですよね♡

 

結婚・出産・ハワイへの移住

@rinchan521)

 

2010年に年下の一般人男性と結婚しました。それもなんと年下の方のようです♪

2011年には第一子となる長男を出産してお母さんでもある梨花さん。

2015年の秋に息子とハワイへ移住。最初はお子さんと2人で行ったそうですが、現在は旦那さんと3人でハワイを拠点に生活をしているようです。

メゾンドリーファーなどブランドを手掛けたり、ファッション誌のモデルとしても活動しているので日本とハワイを行き来する生活を送っていますが、様々な変化があったそうです。

「ハワイは人間としての原点に返らせてくれるところですね。東京もすごく素敵なところなんだけど、忙しくしている中で見落としちゃうこともあったりするんです。ハワイの自然に触れていると、思考がすごくシンプルになるし、すごく明確になるんです。『MAISON DE REEFUR』も最初は正直心配だったし、今も大変は大変なんですけど、ハワイにいると自分の中でしたいこととやるべきことっていうのがすごく明確になる。」

出典:www.excite.co.jp

モデルプレスのインタビューでこう答えた梨花さん。

ハワイにいることで原点に返らせてくれると感じる梨花さんはとても素敵だなと思います。

他にはハワイと日本を行き来しているからこそ、東京に帰ったときは日本の文化に触れることができるし、ハワイの素敵なことにも気づくことができると答えました。

ハワイに移り住んだ今も家族みんな日本が大好きで、今の生活に感謝と幸せを感じてるようですね♡

 

 色々な経験をしてきたからこその現在

@rinchan521)

 

メゾンドリーファー代官山本店を立ち上げたときは、出産後の年。おしゃれ意欲がなくなってきたときでもあったそうです。

息子さんが5歳になって子供と一緒にいないときあはヒールを履いたり、色の洋服を着たりアクセサリーぐらいは着けてみようかな?などとだんだんおしゃれ感覚が戻ってきたと言っています。

子供が生まれて心境の変化なども経験しているからこそ今の梨花さんがいるんだと思います☆

20代のころは自分自身を好きになれなかったとも話しており、きらいな自分と向き合うことでポジティブになれたと言っています。

そんな様々な経験を活かし自分が表現したいこと、求められていることをバランスよくこなしてきたからこそ、今現在母親として頑張っているお母さんたち世代にも支持されているようですね。

年齢を重ねてしわくちゃになっても、明るくポジティブでおしゃれな、今を楽しんでいる梨花さんでいてほしいです♡

おすすめの記事