ホワイトチョコレート以来80年ぶりに現れたチョコレートの新種「Ruby(ルビー)」。スイスのチョコレート会社バリーカレボーが9月5日に発表しました。ピンク色の可愛い見た目のチョコレートは、バレンタインで大活躍しそうな予感。そんな新チョコレート「Ruby(ルビー)」についてまとめました。

 

第4のチョコレート「Ruby(ルビー)」とは?

@cocoacheenisb)

 

 

スイスのチョコレート会社Barry Callebaut(バリーカレボー)は9月5日、ダークチョコ・ミルクチョコ・ホワイトチョコに次ぐ第4のチョコレートとして「Ruby(ルビー)」を発表し、世界中で話題になっています。

新しいチョコレートRuby(ルビー)」の特徴は、なんといってもその色!可愛らしいピンク色のチョコレートなんです。

 

Ruby(ルビー)チョコレートはどんな味?

このルビーチョコレートは、ルビーカカオ豆から作られるチョコレートです。着色料や香料、ベリーのフレーバーなどは入れずに、このピンク色が出るんだそう!!

このルビーチョコレートは、バリーカレボー独自の製法で自然なピンク色とベリーのようなフルーティーさを出しているようです。

ホワイトチョコレートの発売以来約80年ぶりの新種のチョコレートと言われており、世界的にも注目が集まっています。

 

公式ツイッターの画像からも分かるように、とても鮮やかな色のチョコレートなんです。赤っぽいピンク色のチョコレートは、パレンタインでも大活躍しそうな可愛らしい色味♡

 

おすすめの記事