登場してから世界中で話題になった「Gik」というワインを知っていますか?薄い青色をしたワインなら他のメーカーからも発売されていますが、「Gik」の美しいインディゴブルーは今までにありませんでした!!その見た目から世界各国で話題になりました。

世界初の青いワイン「Gik」が日本初上陸!!

@giklive)

 

 

世界中で話題となった、スペイン発の青いワイン「Gik(ギク)」がついに日本上陸です!!

2017年5月23日より全国のデパートなどで発売予定ということですが、Webショップでは5月9日から発売開始されるそう。

綺麗なインディゴブルーが特徴的な「Gik」は、お祝い事にもピッタリですね♪

 

「Gik」は深いインディゴブルーが特徴!!

@giklive)

 

 

2016年6月、20代の若手クリエイターによって作られた青いワイン「Gik」は、一瞬で世界の注目を浴びました。

1番の特徴は「Gik」の色!!深いインディゴブルーのワインは世界初なんですね。気になるこの色は、ブドウの皮に含まれる色素の"アントシアニン"と天然由来の着色料"インディゴ"を使っているそう。

 

Gikを作ったのは「ワインの素人」だった!!

@giklive)

Gikが注目されるようになったもう1つの理由が、この美しいワインを「全くの素人」が作ったという事。

Gikを開発したのは、スペインの20代のクリエイター達。彼ら全員がワイン作り初心者なんです!!老舗のワイナリーがこだわる作り方をあえて考えず、自分たちが楽しめるカジュアルなワインを作りたいという想いで製造されました。

ワインに使うブドウは、フランスとスペインの赤白のブドウを独自のブレンドで配合。常識にとらわれない発想は世界中にインパクトを与えました。

全員がワイン作り未経験者だったことで、新しい発想のワインが誕生したんですね♪

おすすめの記事