いずれは外国人と結婚して、海外に移住したい…♡という憧れを抱いている人も多いと思います。しかし国際恋愛には、遠距離恋愛や文化の違いなど、障害がとっても多いです。今回は、そんな国際恋愛の悩みをまとめてみました。

 

意思の疎通が難しい

外国人との国際恋愛で、大きな壁になりやすいのが「言語の違い」です。外国語を日常会話程度話せても、いざという時に言葉が出てこなくて、もやもやした気分になることも…。

喧嘩したくても、うまく言葉が伝えられないと一方的に意見を言われて終わってしまします。そんな事が続くと、ストレスが溜まって破局の原因になることも。

2人の共通言語は、必死に勉強して習得しましょう。または、共通の第3言語でコミュニケーションをとるという方法もアリ!

お互いが母国語以外の言語を使う事で、辛さを共感することができますし、一緒にステップアップ出来るのでおすすめです。

 

価値観が違う

国が違えば、生活様式・習慣・言語など異なる部分が沢山あります。国際恋愛のカップルでは、自分では「当たり前」だと思っていたことが、相手にとっては「非常識」と思われることもよくあります。

そんな価値観の違いを楽しむことも国際恋愛の醍醐味ですが、あまりにギャップがあると戸惑う事も。まずは、相手の国や地域の生活習慣や文化をしっかり勉強しましょう!!

多くの日本人にはあまり馴染みのない「宗教」も、外国ではとても大きな意味を持ちます。外国では自分の宗教・思想を大切にする人も多いという事も理解しておきましょう。

 

自己主張が出来ない

相手に押されて、なかなか自分の意見を言えないという人も多いのではないでしょうか?特に海外で暮らしたことが無い人が、外国人と付き合うと戸惑うことが多いです。

「言葉をうまく伝えられないから何も言えない」という場合も多いですが、自分の意見をストレートに表現することに戸惑いを覚える人も多いようです。

意見が対立してケンカになったら嫌だな、と喧嘩を回避するために自分の意見を溜め込んでいませんか?

言語も文化も違う外国人と分かり合いたいのなら、自分の意見をしっかり言葉にして話し合ってみることが大切です。

おすすめの記事