長時間のフライトは精神的にも肉体的にもつらいものがあります。特にエコノミークラスの場合、席の間隔や通路がせまいので、ストレスやエコノミークラス症候群の危険性も出てきます。せっかくの楽しい旅なのに、飛行機でつらい思いなんてしたくありませんよね。そんなつらい長時間フライトを改善する3つのポイントをご紹介します!

 

飛行機の機内を楽に過ごす

長時間のフライトでは、体を動かせなくてつらいですよね。

特にエコノミークラスの場合はシートが狭いですし、通路も幅が狭くてトイレに行くのも一苦労です。

そんなエコノミークラスの快適な過ごし方を紹介します!

 

快適なエコノミークラスの過ごし方①通路側の席を予約する

飛行機の座席を予約する時、飛行機からの景色を楽しみたくて窓際を選ぶ人も多いと思います。

しかし長時間のフライトの場合、トイレに入ったり荷物を取ったり、通路側でなければ気軽にできない事が多いです。

エコノミークラスは前の席との間隔が狭いので、窓際の人が通路に出るには隣の席の人の協力が不可欠!

長時間のフライトでは寝ている人も多いので、自由に通路に出れる通路側を選ぶことがポイントです。

 

快適なエコノミークラスの過ごし方②ストレッチ

長時間フライトでは、基本的に座席に座りっぱなし。エコノミークラス症候群を防ぐためにも、適度なストレッチで体をリフレッシュさせると気分転換にもなります。

機内で出来るストレッチ方法≫

◆足のストレッチ
このストレッチは座ったままで出来ます。まずは座ったままでつま先を立て、足踏みをしましょう。
次はふくらはぎを伸ばします。数回足踏みした後、かかとを床につけて今度はつま先を上にあげます。(10秒くらい)
最後にふくらはぎを揉みこみようにマッサージしましょう。

◆全身のストレッチ
このストレッチは立ち上がっておこないます。通路やトイレの前などで実践してみてください!
まずは両手を壁につけ、片方の足を後ろに引きます。そのまま背筋を伸ばしてふくらはぎを伸ばすようにしましょう。20秒ほどキープして、今度は反対側も同じようにおこないましょう。

大手航空会社のJALが「インフライト体操」というストレッチを紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね♪

 

出典:youtube

JAL インフライト体操

 

快適なエコノミークラスの過ごし方③快適な睡眠をとる

長時間フライトで快適に過ごすもっとも有効的な手段は「快適な睡眠」をとること。

フライト前日の準備は、睡眠時間の調整です。フライトの時間に合わせて、前日の睡眠時間やベッドに入る時間を逆算することも効果的です。

機内での工夫は、耳せん・アイマスク・ネックピローなど安眠グッズを機内に持ち込むのがおすすめ。どうしても眠れない場合は睡眠導入剤などを使ってもいいでしょう。

アルコールで眠ろうとする人もいますが、アルコールはトイレが近くなりますし、具合が悪くなることもあるので控えることをおすすめします。

機内で快適に過ごす方法まとめ

 

 

 

 

 

 

 

エコノミークラスでの長時間フライトの場合、どうしても快適に過ごすことが難しいです。しかし、工夫次第でつらさを軽減することはできます。

今回ご紹介したポイントを踏まえて、快適な空の旅をお過ごしください。

おすすめの記事