グルテンフリーって最近よく聞くワードですが、どんな効果があるか知っていますか?グルテンフリー生活で、体の内側からきれいに健康になりましょう。ダイエットにもよさそうなので詳しくまとめてみました♡

グルテンフリーってどんなもの?

 

グルテンフリーのグルテンは小麦やライ麦に含まれるタンパク質の一種です。

私たちが普段食べているパスタやパン、ケーキ、お菓子などさまざまなものに含まれています。

昔は今のようにパンを食べる習慣がそこまでありませんでしたが、現在は朝食や学校給食でも普通に出てきます。

普段口にしているものほとんどにグルテンは含まれているといってもいいと思います。

パンやパスタだけでなく子供から大人までみんな大好きなカレーに使われるカレー粉にも小麦粉は含まれており、毎日口にしている人がほとんどだということですね!

グルテンがもたらす悪影響は?

近年日本人も小麦を摂取しすぎている傾向があり、グルテンによって体にさまざまな影響を与えているようです。

まず腸への影響。小麦をアレルギーとしている人も存在するので検査等をしている人は大丈夫だと思いますあ、グルテン過敏症を潜在的に持っているにも関わらず気がついていない人は結構多いそう。

研究実験をした際にグルテンの入った食事をとっているグループは胃腸痛・便が硬くなる・疲労感などの症状が出たそうです。

便秘を患っている方の中にはグルテンによって引き起こされている可能性は十分考えられるともいえます!!

次に小麦中毒の影響。パン食が日常的になっている方は急にパンを食べるのはやめられないと言われています。

まだ立証はされていませんが、小麦を含んだパンやパスタ、ラーメンなどを頻繁に食べる方はグルテン中毒症がみられるレポートがあがっており、研究が進められているそうです。

しかし急に一切グルテンを摂らないというのも良くありませんし、難しいです。

なぜなら醤油などの日本食には欠かせない調味料にも小麦は含まれているからです。

お米・野菜、お肉やお魚にはグルテンは含まれていないので、グルテンをほとんど含まない日本食を食べるようにすると良いそうです☆

どうしてもパンやパスタが食べたいときは我慢せず、米粉を使ったパンなどを意識して食べるようにするのがおすすめです♡

グルテンフリーで痩せやすい体づくり♡

グルテンは体の中で溶けにくく血糖値を上げてしまうのが特徴とされています。

そのためグルテンフリーの最大の特徴は血糖値を上げないことで、インシュリンが多く分泌されないようになります。

先ほども言った通りグルテンは腸にも負担をかけるため便秘にもなりやすくなります。

便秘はダイエットの敵で便秘になることでお肌にも悪影響を及ぼします。。

グルテンフリーをしているからといって、グルテンが含まれていないものはいくらでも食べていいというわけではありません。

グルテンフリーを心がけることで脂肪燃焼率も上がるので、しっかり運動も取り入れ食生活にも気をつかうことで健康に徐々に痩せられるということですね!

ダイエットをしているのになかなか痩せないという方はグルテンフリーを意識してみるのも良いと思います♡

いかがでしたか?

パンやパスタ美味しいものが溢れていると同時に体に影響を与えるグルテンの存在も忘れないでください。

グルテンを完全に断つのは難しいですが、パン食をお米中心に変えたり、どうしても食べたいときは米粉のパンやクッキーを食べるようにするだけでもだいぶ変わります!!

体の内側からきれいになりましょう!意識してみてくださいね♡

おすすめの記事