結婚した時は夫婦で楽しく暮らしていても、何年もたてばお互いの両親も高齢に。夫から「親と同居しようと思う」なんて言われたらどうしますか?誰もがまず「姑と上手くやっていけるのか」不安になることでしょう。そこで、姑とうまく同居する方法をご紹介します!!

 

1・あらかじめルールを決めておく

ライフスタイルの異なる"他人"との同居は、誰しもストレスが溜まるものです。夫との新婚当初も生活習慣の違いからトラブルが発生したこともあるのでは?

歯ブラシの置き場所・冷蔵庫の中の整理方法・調味料の置き方などなど…嫁のどちらも自分のこだわりが強いタイプの場合は、些細なことでイラついてしまうことも。

そんなストレスだらけの生活を回避するには、あらかじめルールやテリトリーを決めておくことが大切です。ある程度の譲歩も必要ですが、「ここだけは譲れない!!」というものはハッキリ主張しましょう。

なかなか言いずらい事ですが、最初のステップが肝心!!言い出せなければ夫をうまく使いましょう。

 

2・夫には理解者になってもらう

との問題はあなた1人の責任ではありません。何か不満があるときは、トラブルになる前に夫に相談しましょう。

しかし、あなたがに対するグチばかりを夫に言っていると、夫は次第にあなたにうんざりしてくることでしょう。親の文句ばかり聞かされたら嬉しくありませんよね?

あくまで「愚痴」ではなく、自分の要求や改善方法を使えるようにしましょう。

 

3・「姑は自分を助けてくれる人」と考える

いつもはの勝手な行動でイライラしていても、があなたを助けてくれる時だってあります。例えばお子さんのいる家庭なら、忙しいあなたに代わって子供の面倒を見てくれたり、保育園のお迎えにいってくれることも。

「子供の面倒を見てくれる」ということで、同居してよかったと感じている既婚女性も多いようです。忙しいあなたの代わりにご飯の用意だってしてくれることもあります。

だって昔は嫁でした。あなたと同じような経験をしたことでしょう。日ごろから良好な関係を築いておけば、きっといざというときはあなたの力になってくれることでしょう。

 

4・姑を頼りして甘えてみる

特に旦那の両親の家で一緒に暮らす場合、あなたは所詮「よそ者」です。最初から張り切って、何でも自分のペースで物事を進めると反感を買います。

まずはのやり方を見て学びましょう。その時「ここはどうするんですか?」という風に聞くと、の考え方を理解しやすくなります。

にはなりの考え方があるので、それを理解しようとすることで歩み寄るきっかけになります。

おすすめの記事