基本の冷凍保存方法を覚えておけば、お料理がとっても楽になります。冷凍保存のコツは「スピード」「小分け」「乾燥対策」の3つ!調理しやすい状態で冷凍しておけば、そのまま料理に使えるので忙しい人に特におすすめ♡今回はそんな冷凍保存の基本をご紹介します。

冷凍保存をマスターして料理の手間を省く!

@michan_kakei)

冷凍保存した食材を上手に使う事で、毎日のお料理がぐっと楽になります。

冷凍保存基本をしっかりマスターしておきましょう!

 

冷凍の基本「3つのコツ」とは?

@sayu_kakei)

食材を冷凍する時のポイントは「スピード」「小分け」「乾燥対策」と言われています。

「スピード」とは、食材が新鮮なうちに素早く冷凍するという事です。食材を買ってきたらすぐに冷凍保存することが大切です。当たり前ですが、悪くなっているものは冷凍保存しないように注意しましょう!

「小分け」は、食材を使いやすく小分けにして冷凍すること。何度も解凍を繰り返すと、食材の鮮度が落ちてしまします。あらかじめ使いやすい量に分けて冷凍するのが◎

「乾燥対策」とは、食材を乾燥や酸化から防ぐという事です。冷凍用の保存袋に入れて保存することで、食材の乾燥や酸化を抑えることができます。

 

肉の基本の冷凍方法

冷凍保存しておくことが多いお肉。まずは基本からしっかり覚えておきましょう!

基本編≫

◆使いやすい量で小分け
特にこま切れなどは、おおよそ100gくらいずつに分けると使いやすいので、小分けしてラップで包みましょう。ラップで包むことで乾燥対策にもなります!

◆並べて冷凍
冷凍用保存袋に入れるとき、肉が重ならないように注意しながら並べます。そのまま冷凍庫で保存しましょう。

≪アレンジ編≫

◆加工肉はカットして冷凍
ベーコンやソーセージなどは使う用途に合わせてカットしてから冷凍すると便利です!そのままスープに入れたり、忙しい時は解凍しないで料理に使えます◎

◆味付けした状態で保存
調味料につけこんだまま冷凍すると、忙しい時に炒めるだけですぐおかずが1品出来ちゃいます♪解凍後は水気を切ってから調理しましょう。

 

魚の基本の冷凍方法

魚は鮮度が命!いたみやすい魚介は、下味をつけたり調理してから冷凍するのもおすすめです♪買ってきたらすみやかに冷凍保存しましょう。

基本編≫

◆調味料に漬けながら
醤油やみそなどの調味料につけながら冷凍すれば、解凍後すぐに焼くだけでOK!肉と同じように、魚同士が重ならないように冷凍しましょう。

◆あさりなどの貝は塩抜きしてから
あさり・しじみなどの貝は、塩抜き後水気を切ってそのまま冷凍します。冷凍用保存袋を使いましょう!使うときは解凍せず、凍った状態で加熱調理してください。

≪アレンジ編≫

◆すりみにして冷凍
エビやいわしなどをフードプロセッサーですり身上にしてから冷凍すると、簡単につみれが出来るので便利です。

 

野菜の基本の冷凍方法

野菜も冷凍保存ができます!しっかり下準備をしてから冷凍すれば、色どりよく冷凍することが出来ますよ。使い勝手もいいので、ぜひマスターしておきたいですね♪

野菜はものによって冷凍方法が大きく異なるので注意しましょう!

◆下茹でしてから冷凍
きぬさややほうれん草なそ、色味が重要な野菜は下茹でしてから冷凍しましょう。加熱し過ぎると、調理した時に火が入りすぎてしまうので、さっと茹でるくらいでOKです。

◆きのこは洗わず冷凍
きのこは濡らさずに石附を取り除き、ほぐしてから冷凍します。いろんなキノコをミックスして冷凍しておけば、炒め物などに便利ですよ!

◆たまねぎは使いやすくカット
たまねぎを冷凍する時は、みじんぎり・くし形切りなど用途を考えてカットしてから生のままで冷凍保存します。

 

基本の冷凍方法まとめ

いかがでしたか?冷凍の基本的な方法をご紹介しましたが、まだまだ便利な冷凍方法が沢山あります!

食材によって冷凍方法が異なるので注意が必要ですが、とにかく「新鮮」「小分け」「乾燥対策」を抑えて賢く冷凍保存しましょう。

おすすめの記事