結婚式のマナーはもちろんですが、実は二次会にもマナーはしっかりとあるのはご存知でしょうか? 披露宴ほどかしこまらなくて少しカジュアルでも問題ないでしょ? そんな簡単な事ではないかもしれません。 今回は、そんな二次会マナーをご紹介します。

ゲストの頭を抱えさせる二次会の服装マナーとは?

まずはNGワードをおさえておこう!

結婚式や二次会はどちらも新郎新婦が主役です。

ゲストとして来場する方はNGアイテムを着てしまうと白い目で見られてしまう事も・・・

社会人として最低限の服装マナーは守っていきましょう!

結婚式同様、白はNGカラーです。

白に近いカラーのベージュやオフホワイトもできれば避けましょう。

短すぎたり長すぎるスカート

 

 

極端に短いスカートや、床下ぎりぎりのスカートなどは止めておきましょう。

短すぎると少し下品に感じてしまう方や、正式な儀の場にはふさわしくないです。

そして長すぎるとカジュアルな雰囲気がでてしまうのでNG

膝が出るか出ないかを基準として最適な丈感を選びましょう。

足もとは素足&黒タイツはNGです

 

意外と知らない方が多いのですが、黒タイツや黒ストッキングも実はNG

防寒具としてのイメージが強いため秋冬の結婚式でもできるだけ避けましょう。

そして、素足はもちろんNG

肌色のストッキングをはいてきちんとした服装で挑みましょう。

履いていても素足と見え方変わらないのですが、マナーとして清潔感を保つことが大事です。

メイクにも気を付けて

イベントに使うような派手なメイクはさける

二次会でも主役は花嫁です。

ゲストも華やかなメイクをするのが前提ですが基本的に目立つメイクはNGとなっています。

つけまつげが不安な点ですが、こちらは大丈夫。

ですが、インパクトがあるつけまつげやカラーエクステは避けた方が無難です。

そして可愛いから、ファッションに合うからと言ってペイントやタトゥーもやめておきましょう。

二次会でのイベントなら良いですが、お呼ばれスタイルとしてつけていくのはマナー違反です。

メイクする際の注意点はあるの?

 

二次会の最中ってなかなかメイク直しにいけないですよね。

タイミングが難しいこともしばしば・・・

二次会に参加する時はなるべくメイク崩れが起きにくいようにしていきのがベストです。

絶対に崩れないようにというのは難しいので気を使う程度でOK。

肌のベースメイクは事前のお手入れをした上で下地をぬって、リキッドやパウダーファンデーションをぬり、その上からパウダーをのせることでメイク崩れを防止してくれる効果があります。

アイメイクに関してもできるだけウォータープルーフを使う事。

感動して泣いてしまい、パンダ目で参加する事がないように配慮しましょう。

メイクが苦手!きちんとした場にはどんなメイクが合うの?そんな風に悩ましい方は色付きリップだけでも華やかさはアピールできますのでトライしてみてください。

赤リップをいきなりつけるのは、老けてしまう場合や浮いてしまう場合があるのでピンクやオレンジ系がおすすめです。

二次会におすすめなファッション

カラードレス

黒や紺を無難に着られる方が多いのですが、お祝いの場です。

楽しみにしていた気持ちやおめでとうといった華やかな場でもあるので、カラードレスやワンピースがおすすめ。

新郎新婦から見ても喜ばしいファッションとなります。

この日の為に用意しましたといったような雰囲気で、特別感のあるカラードレスは誰からも印象が良くとてもよく映えるファッションと言えます。

セットアップ風

 

ハリ感があったり、ツヤ感のある素材のコンビネゾンも素敵です。

呼び名が違う名称でオールインワンやジャンプスーツとも呼ばれています。

タウンユースから結婚式用、二次会用として多用なシーンで重宝するアイテムとして人気高くなっています。

クラシックできれいめなアイテムを取り入れる事で、二次会ファッションとしても活用できます。

セットアップ風

 

上品見えで、高級感のアデル総レーストップスはおすすめ。

キレイめのロングパンツとあわせてセットアップ風に見せて来場しても華やかさが出ます。

1つのアイテムとしてONOFF兼用で使えるので二次会でも取り入れやすいファッションといえます。

よく、「平服でお越しください」と招待状でかかれていることがあります。

その場合の服装でも大丈夫なので、安心してお呼ばれできるスタイルです。

まとめ

おめでとう!といった特別感のある服装であれば通常問題ありませんが、NGワードだけは気を付けて来場しましょう。

きちんとしたマナー知識があるだけでしっかりとした印象にもなります。

パーティのスタイルによってはOKな場合もあるのでこの部分は臨機応変に対応していきましょう。

是非参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事