ウォーキングをしても痩せられない。 それは効果的な動きをしていないからではありませんか? 時間帯や距離によって効果が変わるウォーキング。 今回はよりダイエットにも効果的な方法5選ご紹介します。

ウォーキングってダイエットに効果的なの?

 

ウォーキングだけで本当にダイエットになるの?

そんな半信半疑な部分はないでしょうか?

実際にウォーキングをする事で効果的な部分としては「脂肪燃焼」、「血流改善」「様々な病気の予防」など色々な体の機能面を健康にしてくれます。

この下半身を大きく使う動きは、血流を促進し老廃物を外に出すので美肌効果やむくみ解消、そして大人に意外と多い低体温の改善にも期待ができます。

このウォーキングをする際に気を付けたい情報としては部分的に痩せるのではないという事。

ウォーキングは全身運動に繋がるので「体全体的に痩せる」効果があります。

ジムにいって器具を使ったり、通販で何か購入して行う物でもないので経済的、時間的にも有効に使えるウォーキングはすぐにでも始められるダイエットとして人気となっています。

ダイエット初心者でも継続しやすいのでおすすめです。

ウォーキングによって痩せる効果のある部位

@ashistagram.tokyo)

下半身をメインに使うので、脚が痩せるといった意味よりも筋肉がつくといったイメージのが近いです。

筋肉がつけば引き締まった効果があるので美脚ラインを作る事ができます。

ウォーキングは、ランニングや自転車のペダルを大きく踏み込んだりした脚を強く使う要素がないので、筋肉自体がムキムキに肥大化する事はありません。

脚を出す機会が増えるこの季節は、引き締めて魅力的なスタイルを作りたいですね。

お腹周り

 

体内全体に入った酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させエネルギーを生み出す有酸素運動のウォーキング

この有酸素運動は体脂肪が燃焼されていきます。

したがって継続してウォーキングをする事で内臓脂肪や皮下脂肪を燃やす効果がでてきます。

どうしても個人差がでてくる部分ではありますが脂肪が落ちてきている事は確かです。

見た目では早く結果がでなくても、ちゃくちゃくと脂肪は燃焼できていますのでご安心を。

肩甲骨周り(背中)

@tulsi_body)

ウォーキングをする際に、しっかりと大きく腕を振って動かすだけで効果的に肩甲骨周りがすっきりとしてきます。

ただ歩くのではなく意識的に大げさかと思う位腕を振って歩いてみましょう。

普段使っていない筋肉を起こすことですぐに実感できると思います。

この部分は急に痩せたりはしません。

ウォーキングに出る前のウォーミングアップとしてストレッチも取り入れる事でよりダイエット効果も高まります。

実際に毎日ウォーキングするのに効果的な距離は?

@okamekame325)

ダイエット効果が期待できる時間と距離に関して、これは1日距離は5~10キロ。

時間は約20分を目安として歩いて見ましょう。

(なれてきたら30分~1時間をめどにウォーキングすると効果UP)

そしてただただ歩くだけでは効果は上がりません。

自分自身で少し早めに歩いてみて。脈拍が少し上がって汗ばむ程度を目安としてウォーキングしてみてください。

大体1分間で100~140メートルくらいの歩行速度で調整してください。

距離はあくまで目安です。

その時々の体調によっては上手くウォーキングできない事もありますが無理は禁物。

万全な体調時にウォーキングはしましょう。

歩き方のポイントをおさえよう

腕をしっかり振って歩く

@bookvillage.m)

ウォーキングの際、姿勢もとても大事です。

胸を開き背筋を伸ばすのを意識して挑みましょう。

そしてこの腕を振る事はウォーキングではとても重要です。

振るのと振らないだけで効果は歴然としてきます。

腕を何故振るのか?それは連動して肩甲骨が動くため背中周りの燃焼も手伝ってくれます。

肩甲骨周りには脂肪燃焼を促す褐色脂肪細胞が多く集まっているので刺激を与える事で燃焼率がUPします。

大股を意識して歩く

@maco_happysound77)

ウォーキングの際、大股で歩く意識をつけましょう。

ちまちま歩くよりもダイエット効果に期待ができます。

その理由として大股で歩く事で、股関節をしっかりと使う事になり運動負荷が高まるためエネルギー消費が上がります。

歩幅の違いだけでそんな変わるのかと思いますが、この小さな積み重ねを続けている事でウォーキングの結果が出た時に差が出てきます。

しっかりとした一歩一歩を踏みこみましょう。

ウォーキング前は筋トレで効果UP

@nana77751)

より効果を高めるのなら、筋トレがおすすめ。

筋トレといっても特別難しいことや重いものを持つ筋トレではありません。

スクワットやランジなど取り入れやすいものをチョイスすればOK。

痩せたい部分への筋トレを事前に行っておけばその部分の消費も早く効果的に燃焼されます。

有酸素運動とウォーキングを組み合わせて脂肪を燃焼していきましょう。

ウォーキングするのに最適な時間帯は?

さて、ウォーキングをするのに最適な時間はあるのでしょうか?

いつでもOKなイメージですが実は午前中が効果的なんです。

その理由として最も人間のバイオリズムに会っているため、ウォーキングは朝やるものと意識するのがいいと思います。

ですが、実際はあわただしい午前中なかなかできない事もあり難しい時がありますよね。

そんな時は、無理をせず明るい内にウォーキングをしましょう。

夜ならできる!といって夜にウォーキングをしてしまうと人によっては交感神経が敏感になってしまい寝付けなくなることも・・・

できるだけ午前中がおすすめですが、時間が取れない場合は日中やあ夕方でも構いません。

できない理由を探しているとやらなくなってしまうので、できる範囲で行動しましょう。

まとめ

ウォーキングは初心者でもすぐに取り入れられるのが嬉しいダイエットです。

痩せたいけどジムに通う時間がない、激しい運動はちょっと苦手。

そんな方にも1日20分程度の時間を作って行動すれば全身運動にもなります。

健康的でストレス解消にもつながるウォーキングはどの世代でも効果的にダイエットができると言えます。

継続は力なり。この言葉通りすぐには効果は期待できませんが、実践するなら効果的なウォーキングの方が良いですよね。

是非、自分の続けられる範囲でウォーキングを取り入れてみてくださいね。

おすすめの記事