夏といえばお祭り。お祭りには浴衣を着て行くことも多いのでは?せっかくなので、浴衣に合うメイクで決めてみましょう!洋服とはちょっと違う『浴衣メイク』のコツをお伝えします♡おすすめのアイテムも紹介しちゃいます!

まずは浴衣を着こなそう♡

和装は【平面】がキーワードと言われています。浴衣はもともと、ホリが浅い日本人の顔立ちに合う服装です。着こなしも、体のラインが平面になるように着付けるのが、浴衣を着こなすコツです。

○ウエストのくびれがある
○お尻が大きい
○バストのボリュームがある

当てはまる人は、ウエストや腰、背中にタオルで巻いて、体のラインが平面になるように補正して♪このひと手間で、印象が大きく変わりますよ!

ベースメイクはマットに?それとも艶っぽく?

もともと浴衣は「湯上り着」として着られていたもの。お風呂上がりの『ナチュラル』な肌をイメージして、メイクしていくのがコツです。

ぽっとチークで血色を出し、色っぽく。やや艶っぽく、ナチュラルな肌に仕上げましょう♡

【浴衣メイクにおすすめ】POLA D BBクリーム

きちんとカバーしてナチュラルに仕上げたい時には、こちらのBBクリームがオススメ。

 

POLA D(ディー)BBクリーム 30g¥3456
(化粧下地・ファンデーション)
SPF30・PA+++

指先でなめらかにとろけ、きちんとカバーしているのに、ふわっとナチュラルな肌を作ります。

ライト、ライトナチュラル、ナチュラルの3色から選んで♡

目元メイクは涼しげに♡

アイカラーは浴衣の柄や帯からワンポイント合わせると、キレイにまとまります。

アイライナーを引いてキリッと涼しげな目元に。浴衣に合わせたカラーのライナーを使ってもお洒落ですね。

紫の柄や帯だったら、パープル系のアイカラーで。透明感のあるメイクに仕上げます。白の浴衣にピンクの小花柄などは、ピンクのアイカラーなどを使って、ふんわり可憐に目元を作りましょう♡

紺の浴衣にイエローの柄や帯だったら、目尻や、下まぶたの涙袋の部分にイエローをワンポイント入れても、元気で可愛いですね♪

リップは断然赤リップ♪

ベージュや淡いピンクなどのナチュラルカラーは、浴衣の柄に負けてしまいます。だから断然赤リップがおすすめ♪

くっきりリップラインは引かず、ぽわっとぷるっと血色感を出すようにして塗っていきましょう。
リップの直塗りがおすすめです♡

マットなリップはNG。グロスで艶を出して♡

浴衣メイクは「ナチュラルに色っぽく」がポイント!

いかがでしたか?浴衣を着るときには普段のメイクとはちょっと違う、お風呂上がりのナチュラルな色っぽさを意識してメイクしてみましょう♪

おすすめの記事