いわゆる低体温ってどんな状態のこと?冷え性と勘違いしないように

hazzy@Hiitさん(@best_body_diet)がシェアした投稿 -

 

みなさん、低体温と冷え性の違いはわかりますか?

似ているようで全く違うこの症状は1つの目安として、低体温は平熱が常に36度以下の人を指し冷え性は手足の先端が冷えている状態をいいます。

人の体は36.5度~37.0度の間が最も免疫力が高く、代謝もいいとされている体温になっています。

これ以下の体温だとすべての機能が低下していきます。

「平熱が常に35度代なんだよね。」そんな事をいっている場合ではありません!

この低体温は内臓機能自体は正常範囲で働きますが、がん細胞が最も活発に増殖し始める体温となっています・・・

体温が低い事で免疫力の低下、代謝機能低下、排せつ機能低下、自律神経の乱れなど様々な器官を低下させていき狂い始めます。

自分は低体温?セルフチェックをして確認してみよう

Hookbooksさん(@hkbks)がシェアした投稿 -

 

生まれてから常に低体温の方は気づかない事も多いのがこの病気の特長。

低体温だからといって体調が悪いことや、アレルギーがでているといった点は見逃しにくい所です・・・

低体温かどうか今一度チェックしてみてください。

早めに気づく事でがん細胞の増殖を止めるのはもちろん、風邪をひきやすくなったり頭痛が多くなったりとした病も改善されていきます!

簡単なので、ご自身でセルフチェックを行ってみてくださいね。

☆低体温セルフチェック☆

・冷たい食べ物&飲み物が好きでよく摂取している

・お腹の調子が毎日よくなく下痢か便秘になる事が多い

・肥満気味

・自分の体系をわかっていても少しピッタリ目の服をよく着る

この4つの項目の中で1つでも当てはまれば、低体温の状態である事がわかります。

この中の要素が一つでもなくて、体調が著しくない方は体温をしっかりと測ってみましょう!

通常、脇で体温を測っているかと思います。測り方は特に変えずしっかりとはさんで体温を測ってください。

この際、飲食後や入浴後、そして運動後には実施せずリラックスした状態の環境でゆっくりと体温を測る事。

正しい検温で、自分の体の状態をしっかりと把握する事はとても重要です!

低体温が起こる原因はたくさんあるんです!原因と改善方法

♪ちゃんさん(@r_m_r_j)がシェアした投稿 -

 

ではなぜ、もともと低体温でない人も低体温といった症状がでるのでしょうか?

それには原因がいくつもあります。

・食生活の乱れが原因になっている

・運動不足が原因になっている

・体を冷やす飲料の摂りすぎで低体温になっている

・湯船につからずシャワーのみの入浴が原因になっている

・姿勢の悪さが原因になっている

・ストレスが原因になっている

・気温変化にともなう快適な温度生活で低体温になっている

原因は様々ですが、現代の日本人はこの中に当てはまる事を日常的に取り入れています。

食生活に関しては、現代社会人は昔ほど栄養分のある食べ物の摂取が存分にできていないので、これによってエネルギー生成が弱まり体温が低下していきます。

毎日の食事の栄養バランスを考えて摂取するには時間と労力が必要です。

無理にとは言いませんが、サプリなどを活用して栄養補給を意識すれば低体温も改善に向かいます。

運動不足に関しては、筋肉を使わない事で筋肉から熱を作り出す事が弱くなりその結果低体温になる可能性が高くなります。

できれば簡単な筋トレを毎日続けることをおすすめしますが、時間がないと難しい所。

そんな時は1日30分歩く事を意識してみましょう!

体を冷やす飲料に関しても、これはカフェインを多く含む飲料が要注意です。

コーヒーや緑茶は体を冷やします。そのかわり体を温める紅茶やウーロン茶などを飲むと効果的♪

すこし温めて飲む事で臓器に直接入るので体の中からポカポカになりますよ♡

湯船につからずシャワーのみは体が温まらないので低体温になりやすい事で有名です。

そして健康被害として最も重要すべく姿勢の悪さやストレスは、低体温以外の症状でも必ずついてきます!

スマホ普及の時代は猫背になる方が多く、姿勢の悪い方が増えてきています。

社会に出ればストレスも一気にあがり低体温になる事で自律神経の乱れにも繋がります。

改善方法のまとめ

yuzukiさん(@himayuzu777)がシェアした投稿 -

 

改善方法をまとめてみました!

・食生活を改めまずは朝必ず朝食をとろう

・運動不足であれば30分歩くように意識してみよう

・体を冷やしやすい飲み物&食べ物はできるだけ避けて、温かいものor常温で美味しいものを食べよう

・シャワーだけではなく、10分、15分でも湯船につかって体をしっかりと温めよう

・姿勢が悪い場合に筋トレができない場合は、寝る前にストレッチをし筋肉をほぐそう

・毎日のストレスから解放できるように自分の好きな事を見つけよう

・場所によっての気温差はカーディガンやブランケットなどを使って上手く体温調節しよう

自分が当てはまった項目の改善方法だけでもOKです。

まずは簡単な物から取り入れて、出来るようなら可能な範囲まで改善方法を広げていきましょう♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分はもちろん、そういえば友人や家族にも低体温な人いたな・・・

そんな事があれば是非、低体温の体への影響を教えてあげてください。

早めに改善方法を知ることで体の免疫力のUP、不調だった部分が改善されてきます!

低体温の方は原因&改善方法を知って、できるだけ早く治す事をおすすめします♡

おすすめの記事