6月末になると、夏越の祓えの神事が神社で行われます。

夏越の祓えとは一年を半分にした6月の晦日(みそか)旧暦6月30日に執り行われていた神事です。

夏越の祓えでは、茅の輪くぐりというものをやる?

茅の輪をくぐると厄払いができる?

気になったので調べてみました!

夏越の祓えに行って茅の輪くぐりをしよう!8の字を描くように茅の輪を3回くぐる?

夏越の祓えでは、神社に茅(ちがや)という草で編んだ直径数メートルの輪・茅の輪が作られます。

茅の輪くぐりは、その茅の輪を8の字に3度くぐり抜けることです。

茅の輪をくぐることで、心身を清めて災厄を祓って無病息災を祈願するというものなんですよ♪

つまり、茅の輪をくぐることで厄払いになるということです。

夏越の祓えに行って茅の輪くぐりをしよう!みんなのインスタ投稿はこちら!

この投稿をInstagramで見る

茅の輪くぐり、してきました。 用事で出掛けた帰り道、護王神社の前を自転車で通りかかったので、こちらで。 ついに梅雨入りしてそれらしい小雨がパラパラと降る中、まずはお参りして、そして茅の輪をくぐりながら八の字にくるくる回ります。 ・ ポツポツとお参りに来られてますが、お天気のせいもあるのかとても空いていました。 空いていると、お若い観光客の方なんかは躊躇されるようですが、大丈夫です。 「ほんまに回ったはるわ~笑える~」なんて誰も思いませんからね~。 夏越の祓えで茅の輪をくぐりながら回るの、普通です。 どんどん回ってくださーい☺️ ・ 皆さん、今年の後半も健やかに過ごしましょうね♪ ・ #茅の輪くぐり #ちのわ #ちのわくぐり #護王神社 #ごおうじんじゃ  #神社 #夏越の祓え #なごしのはらえ #一区切り #半年 #水無月 #みなづき #京都 #京都の行事 #お清め #お祓い

りろ riroさん(@riroyuzuki)がシェアした投稿 -

神社によっては6月末ではなく、7月末に行われることもあります。

お住いの近くの神社で、茅の輪くぐりをやっている場合はぜひ行って見てくださいね!

おすすめの記事