子供が薬を吐いちゃう!みんなのお薬服用成功例4選

ライフスタイル

子供が病気に!薬を飲ませても吐いちゃうんだけど上手な飲ませ方ある?

関連画像

画像元:woman.mynavi.jp

小さな子供を持つパパママにとって、

病気になった時や体調が悪いときの”子供の薬の飲ませ方”

悩んだ人はたくさんいると思います。

を一度は飲んだけれど、そのまずさで吐いてしまった・・・」

「一度そのまま飲ませてまずかったのか、を見ると口を開けなくなった」

小さな子供にとってまずいものは恐怖でしかありません!

そんな子供への上手な薬の飲ませ方ってあるのでしょうか?

みんなが成功した薬の飲ませ方の実例!一度試す価値あり♪

「薬 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photoAC

まずは、子供への薬の飲ませ方です。

アンケートを取り、飲ませ方として多くあがったのは

・水と混ぜて飲ませる

・そのまま飲ませる

・服薬もできるゼリーを使用

・ヨーグルトに混ぜる

・ジュースに混ぜる

・アイスに混ぜる

といった内容でした!

子供の薬の飲ませ方として、一番最初にするのが

水と混ぜてやそのままだったりします。

ですがこの飲ませ方で、一気にを拒否してしまう原因を作ってしまう可能性は

十分にあります・・・

そして”混ぜる”ことに意識をしすぎて

相性の悪いものと一緒に服用させても結果は同じになってしまう事も。

子供によって、そしてによって相性のいい飲ませ方があれば良いのですが

先輩パパママは薬を飲まない子供に対して

こんな行動で上手に飲ませているようですよ♪

①ご褒美作戦

「子供へのご褒美」の画像検索結果

画像元:4yuuu! (フォーユー)

お薬飲んだら大好きなプリンが待っているよ~」

お薬飲んだらアイス食べてもいいよ~」

なんて、飲ませ方として子供の好きな物が待っていると思ったら

子供も頑張れるかもしれません。

”嫌いな物に対して頑張る”体調の悪いときには過酷かもしれませんが

ここだけ頑張ったら好きな物に出会えるといった気持ちが勝って

すんなりを飲んでくれることもあります♪

あまり高額なものだったり、遠方へ遊びに行くなどだと

ハードルが高くなってしまうので

パパママのお財布事情と、子供の好きな物のバランスを考えて

提案してみて下さい!

②演技作戦

「パペット」の画像検索結果

画像元:絵本ナビ

「このお薬を飲むと元気がでるんだって!ママも元気でてきた!」

「大好きな○○(人形)も飲んだよ!次は〇〇ちゃんの番だね♪」

パパママ自身や人形を使って演技しながらを飲ます方法も

効果的♡

”自分だけまずい物を飲むのではなくて、みんな当たり前に飲んでる”

そういった場面になると、子供は当たり前に飲めるものだと思って

飲んでくれることもあります。

をジュースに入れても、水で溶かして小さく丸めても

口を開けないようであれば

とにかく流れをつくると良いかも知れません!

過剰な演技のが伝わるみたいなので取り入れてみて下さいね。

③特別感作戦

「ゼリー」の画像検索結果

画像元:NIKKEI STYLE – 日本経済新聞

「○○くんだけが飲めるお薬なんだって!」

「美味しい粉でゼリーを作ってみました♪」

いつもとは違った雰囲気で”薬を特別感あるもの”に仕上げても

飲んでくれる確率は上がるようです。

=まずいといった印象を初めからつけないように

ゼリーや濃い味のジュースで飲ませると言った手も!

飲ませるときに、「いいな、○○だけだって!」といったように

あなただけ飲めるんだよという感情を伝えると

子供も特別感を味わえて飲みやすい環境になるのだそう・・・

④集中作戦

「DVDに集中している子供」の画像検索結果

画像元:子育て応援サイト MARCH (マーチ)

好きなDVDを夢中で見ているときにしれっと・・・

子供が笑ってくれる行動をしながらも口が空いたらサッと入れる・・・

そんな何かに”夢中なとき”を使って

子供に薬を飲ませている!なんてパパママの声もありました♪

ちょっと高度な技に聞こえますが、案外やってみると簡単。

普段の生活の中で子供が夢中になっている傍で、

さっと行動にして気づかないうちに子供も飲んでしまっているので

良い作戦かもしれません♡

まとめ

いかがでしたか?

粉薬にシロップ、一度まずいと思ったものを

小さい子は頑なに飲まない姿勢でいるのでとても大変なんですよね!

よかれと思ってジュースにいれたところが

との相性が悪くまずかったり、体調が悪い中で飲ませるので

時には食べたものと一緒に吐いてしまう事もあります。

大人からしてみれば、このくらいのちゃちゃっと飲んでよ~なんて思いますが

子供からすると恐怖の塊みたいなものですから

なかなか喉をとおらないもの。

そんな時、このアイデアを取り入れて薬を飲ませて見てはいかがでしょうか?

を見ると嫌すぎて飲まない子だったのに

案外すんなり飲んでくれてストレスなく飲んでくれるかもしれませんよ♪

ちなみに、は飲んで吐いてしまっても

もう一度無理に飲ませなくてもいいといった情報もあります。

気になる方はお医者さんに聞いておきましょう。

子供によって良し悪しはあると思いますが

一度試してみる価値はあると思います。

是非、参考にしてみてくださいね!




♡アプリから直接記事が読めます♡

mignon(ミニョン)無料アプリ

↓こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら

mignon編集部

128,089 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事