つらい花粉時期・・・いわゆる”花粉症”ってどんなもの?

「花粉症 」の画像検索結果

画像元:タケダ健康サイト

春になると気分が明るくなる、楽しくなる!なんて方もいますが

「春なんて最悪・・・」そんな方もいます。

それは”花粉症持ち”の方です!!

花粉症は小さい子から大人までいつなってもおかしくないもの。

現在、日本人の約25%花粉症だといわれています。

実際、花粉症と呼ばれるものはどんなものなのでしょうか?

花粉症には2種類あります。

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
主なアレルゲン
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。
症状
鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
(さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)

通年性アレルギー性鼻炎
アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あります。
主なアレルゲン
ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど。
症状
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

引用元:花粉症ナビ

人がアレルギー反応を起こす花粉症、花粉の種類は年々増えている!?

関連画像

画像元:navitasclinic.jp

昔は花粉症といえばスギやヒノキくらいしか聞きませんでしたが、

年々この花粉症に値する植物は増えているようです・・・

その為、花粉症になる人も多くなり春以外でも症状がでることがあります。

各花粉症原因植物の開花時期(花粉症になる時期)を見ていきましょう!

図:花粉カレンダー

スギに関しては年中症状がでてもおかしくない雰囲気です。

他、地域によっては花粉症の少ない所であったり

北海道では寒いせいかほとんど花粉症が強い表示時期はありません。

図:花粉カレンダー

その他にもこういった花粉の種類があります。

イチョウやケヤキなんて学校周りにあることが多いので

今まで発症していなかった若い人も、時期によってはいつなってもおかしくありませんね。

花粉症対策に効果的なものは?花粉症の方からのリアル意見をお答えします!

「花粉症対策グッズ」の画像検索結果

画像元:トクバイ

花粉症持ちの方は、どんな対策をしているのでしょうか?

・マスク着用

・手洗いうがい

・帰宅したら外で花粉をはらう

花粉症用メガネを利用している

・目薬を使用している

・飲み薬を使用している

などなど、外も中からも症状の出る花粉症ですから

対策用のグッズに薬を服用している方がほとんどのようです!

他にも花粉症で一番影響のでる”目と鼻”に関しては

保湿している、温めているなんて対策をしている人も多いそうですよ。

これ知ってる?意外としらない”目薬の指し方”で効果が歴然なんですよ!!

「目薬のさし方」の画像検索結果

画像元:IKAMAGA

さて、花粉症の方は目薬を使用すると思います。

この目薬ですが、さすと鼻から喉に通ってとっても苦い・・・

まずいんですよね~。

薬なので我慢しますが、できればこれをなくしたい!!

そう思っていました。

ですが、【目薬のさし方】によってこれを抑える方法があるそうです♡

目薬をさすとき、ただ目に落として目をつぶって浸透させるだけにしていませんか?

これではダメで、きちんと目全体に浸透させるのには

”目薬をさした後、目頭を押さえる事”で垂れる事もなく、喉に通ってきません!!

これ!結構知らない人多いんですよ♪

是非、花粉症持ちの方は実践してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

花粉症は、軽度の方だと目がかゆい、鼻がムズムズする・・・などですが

重度の方だと仕事もままならないほどとてもツラいものです。

この花粉症の症状が重いと体調不良となる方もいるので

毎年のこの時期はとても苦労すると思います。

花粉症の症状で目のかゆみがある方は、目薬を処方されると思います!

この目薬、鼻から喉を通ってとっても苦いのですが

さし方をきちんとすれば苦くもなく、そしてより効果的に目薬を目に循環できるので

おすすめですよ♪

是非試してみて下さいね!




♡アプリから直接記事が読めます♡

mignon(ミニョン)無料アプリ

↓こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら

ios(iPhone)はこちら

おすすめの記事