何かと問題視されることの多い教師からかけられる言葉・・・”教師”とはどうあるべきか?

「教師とは」の画像検索結果

画像元:ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

最近、学校教育や学校内での話題が絶えません。

中でも教師に対してはいじめがあった時の言葉かけだったり、

学校での体罰などが問題視されています。

そんな教師の立場とはどうあるべきが理想なのでしょうか?

「子供にとって悪影響のない存在」「教育してくれる存在」本当にそれだけか難しいところです・・・

現代社会で最も過酷ともいわれている”教師”という仕事。

「教育はすべて教師の仕事」とばかりに躾まで丸投げする親もたくさんいます。

もちろん、体罰はいけないといえますが教師は「聖職者」ではありません。

今の時代に求められる”教師”についてプロの意見をまとめてみると

以下の様な教師だそうですよ。

「教師とは」の画像検索結果

画像元:毎日新聞

■「教師だから“教育がわかっている”と思わないこと」
教師にわかっているのは「教師にとっての教育」である。うまくいってもそれしかできない。学者にとっての教育、教育行政にとっての教育、親にとっての教育、子どもにとっての教育はそれぞれに違う。いずれにしても、教師は教育内部にいるので教育を客観視できない。

■「教師と生徒は“人”として対等であることを深く心すべし」
教師と生徒の上下性は「共同社会」における役割的な上下関係であるにすぎない。教師は生徒を「ひと」として尊敬していなければならない。「ひと」としては同じ格であることをいつも自覚しているべきである。

■「生徒を自分の思いどおりにしようとしてはいけない。生徒を教師である自己と同一化しようとしないこと。生徒は決して教師の“思いどおり”にはならない。必ず、自己創出性によって別のものになると考えるべきである。生徒は必ず教師から離れていく」
生徒は他者であるという認識は、教育業界のみならず、日本人の思想風土に欠落している視点である。生徒を教師に「似せよう」としないことである。

引用元:新刊JP

ツイッターで人気の【#教師から言われた衝撃的な言葉】が素晴らしい!!

関連画像

画像元:こころの探検

そんな中、教師である立場で子供たちに放った言葉

”教師から言われた衝撃的な一言”が注目されています!!

 

 

 

「教師とは」の画像検索結果

画像元:ザ・ニュー・スタンダード

 

 

子供の視野は、自分の近くにある環境だったり感情だったりと狭いです。

ですが、子供ですからそんなことはわかりません。

これからもっともっと広いところへ出て、本当に必要な知識だったり

経験だったり考え方だったりをたくさん教える事が教師のすることでもあります。

もちろん、勉強も大事です!

目の前のことをやる、それだけしか見えていない子供たちに

こういった言葉をかけるとたくさんの考え方を持つことができますね♡

まとめ

「教師とは」の画像検索結果

画像元:ひみつ基地 - Publishers

いかがでしたか?

教育者として・・・教師とは・・・

そういった事は確かに大事です。

ですが、子供からすると目の前にあることしか見えていないので

広い考えを持つとこういったことができるよ!と未来を期待できる答えを出す事で

たくさんの視野や芽を伸ばす事ができます。

”教師から言われた衝撃的な一言”ですが、大人になった人でも

「なるほど!」とうなずけるものがあります。

是非、#教師から言われた衝撃的な言葉

子供への教育に参考にしてみて下さいね♪




♡アプリから直接記事が読めます♡

mignon(ミニョン)無料アプリ

↓こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら

ios(iPhone)はこちら

おすすめの記事