【共働きが理想】結婚後も働きたい!アラサー女子が選ぶべき男性の特徴5選

お仕事

結婚後もバリキャリでいたい!理想的な家庭として”共働き”を選ぶ理由は・・?

「共働き フリー画像」の画像検索結果

画像元:ウーマンエキサイト

「家事の割合が私絶対に多い!」
共働き家庭での不満第一位は、この家事に対する不満といえます。
共働きをしていても男性側が女性にたいして
”家事=女性がするもの”といった概念をもっているなら
結婚相手としてふさわしいと言えません。
結婚しても仕事をしたい!そんな共働き家庭を望む女性が
近年増えてきています。
女性の重役ポストも当たり前な時代なので、仕事に対するポテンシャルが高くなっているからかといえますね♪
家庭をもったら仕事を辞める・・・そんな考えは
現代では不向きかもしれません。
そんな今回は、”共働き希望のアラサー女子が選ぶべく男性の特徴”について厳選してみましたので
参考ください♡

共働き希望♪アラサー女子が選ぶ結婚すべき男性の特徴5選

多少家事能力がある人

「家事する男性」の画像検索結果

画像元:サンクチュアリ出版

現実的にいうと、一人暮らしの経験がある相手をまず選ぶこと。
実家暮らしの男性は、家事能力が低い傾向があるので
結婚相手として選びいざ家庭を持っても
家事はほとんどしてくれません。
家事=女性のすることと思っている節もあるので
共働きであればあなたへの負担がかなりかかってくるはずです・・・
「料理が得意!」「洗濯物が畳める」といった
部分的な家事だけではなくある程度家事全般は一人でできる!
たとえ割合が平等でなくともそんな相手を選ぶと、結婚後も家事に対して前向きに協力してくれますよ♪

ホウレンソウ(報告・連絡・相談)ができるマメな人

「携帯をもつ男性」の画像検索結果

画像元:photo AC

家族になり、さらに共働き状態になりますから
お互い一緒に過ごす時間が少ないからこそ
マメな連絡が苦と思わない男性は結婚相手として向いています♡
寡黙な男性もクールでカッコイイと感じてしまいがちですが
”家庭向き”とは言えません。
仕事同様、家庭においてもホウレンソウ(報告・連絡・相談)をしっかりすることで
お互い多忙でも信頼度が増します。
恋人である場合、デートプランの変更など
事務連絡を確実にできるタイプかどうかで見極めていけば
結婚後もその延長線上で当たり前な行動として安心できるといえます。

男女平等の感覚を持っている人

「男女平等 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

家事=女性の仕事といった根本的な意識がある人
共働きでの家庭を持つことにおすすめできません
というのも、結婚後もお互いに仕事がありやっていく中で
ちょっとした家事も「やっておいたけど?」といった雰囲気で
恩着せがましく言ってくるような相手なら
男女平等間が欠けている傾向にあります。
結婚後も仕事をしているので環境としては同じ立場です。
これを理解しているうえで、家事をやらないような相手なら
苦労しますよ・・・
日頃お家でのデートなどの際に手伝うといった意識がある相手かどうか
見極めていきましょう!

お互いの仕事を尊重しあえる人

「相手を尊敬できる フリー画像」の画像検索結果

画像元:マイナビウーマン

女性としても今の仕事にやりがいがあり辞めたくない!
そんな気持ちを知っているのに、女性の仕事に対する考え方を否定するような相手
共働き家庭を一緒に作っていくのは不向きと言えます。
「働いているとき、とても楽しそうだよね!」「仕事をしている君が好き」など
仕事を今後も続ける意思を尊重してくれる相手かどうか
恋人同士のうちに普段の言動や行動から察知しておきましょう。
お互い仕事をしている身なので、どうしても家事に対しては
女性もおろそかにしてしまうかもしれません。
夫へのサポートも専業主婦に比べたら少なくなってしまう可能性もあるので
折々仕事のやりがいを話し合うなど
お互いに理解を求める工夫もしていけたらベストですね!

物事の考え方に柔軟性のある人

「子供を抱っこする男性」の画像検索結果

画像元:ウーマンエキサイト

結婚後、もし子供ができたときに仕事への柔軟な考え方ができない相手は
何かあった時にお互い喧嘩し関係に溝ができてしまうことも・・・
子供や家族が急病でどうしても旦那の存在が必要な時、
何も対応できないような姿勢なら結婚後大変かもしれません。
恋人同士なら、普段約束していたデートを仕事理由にドタキャンを頻発するようなら
共働き希望のあなたからすると危険な相手かもしれませんよ。
見極める事が難しい条件かもしれませんが、
”急な出来事”にどれだけ対応できるかを見ておく事をおすすめします!

まとめ

いかがでしたか?
いくら共働き希望だとしても、妊娠や出産をも含むと
どうしても女性のが負担は多いといえます。
小さなところでもいいので、上手にサポートしてもらいましょう!
子供が生まれる事で、男性は父親になるという自覚をもつのが
女性よりも遅いので
週1日でも子供と旦那二人だけで育児を経験してもらう事
大事といえます。
いくら子育てが大変と思っていても
実際にどんなことをして、どんな場面を大変に感じているかは
男性もその立場にならなければピンときません!
現代は”共働き”せざるを得ない家庭も多く存在します。
その中でもあなたの希望で”共働き家庭”を作るなら
結婚相手とも相談をしたり、シュミレーションしたりなどして
十分イメージできたうえで行動に起こすと
スムーズな生活が送れると思います♪
是非、参考にしてみてくださいね!

 




♡アプリから直接記事が読めます♡
mignon(ミニョン)無料アプリは

こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら
ios(iPhone)はこちら

mignon編集部

134,555 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事