夏は暑いから大丈夫!いいえ、そんなことはありません。 夏の冷えは体の不調にもつながるので女性は要注意です。 そんな日常の外の暑さ、中の寒さにきちんと対応できた美人習慣で冷え性対策をしましょう♪

夏の冷え性になりやすい原因とは?

 

夏の冷え原因は、冷房や冷たい食べ物にあります。

電車内やオフィス内での冷房は体を芯から冷やしてしまうので、直接あたらないようにカーディガンやブランケットの取り入れをおすすめします。

コンビニやスーパーでも店内がキンキンに冷えていたりするので注意。

食べ物では、日常的に食べやすいアイスや冷たい飲み物をとることで冷え原因に。

絶対に食べないで!とは一概には言えませんが、取りすぎは禁物です。

冷えると体はどうなるの?

@shizuka_japan)

冷えとは俗に、手足やお腹、腰などが「冷たい」「寒い」と感じる事をいいます。

冷房の効いた室内に長時間いると、体は体温を維持しようと血管が収縮します。

この血管縮小があることで、血の循環が悪くなってしまい冷えをおこします。

そしてこれからの季節、夏は外と室内の温度差が激しい季節。

外の暑さ、室内の寒さを行き来することで体が上手く対応しきれず自律神経が乱れ手足から冷えていきます。

そして、食べ物に関しても一緒で冷たいものを食べる事で内臓が一気に冷え、お腹の調子が悪くなったり不調になる原因にも。

体温めライフで美人習慣♪夏の冷えからおさらばしよう

食べ物や飲み物の温度にこだわる

@shindo_kazuya)

暑いときはどうしても冷たい食べ物が食べたくなります。

ですが、ここは常温を意識していきましょう。

冷えていない状態の物を摂取することで内臓への負担を回避できます。

日頃から心掛けて温かいものを食べる、飲み物を飲むといった行動をしていきましょう。

毎食スープや汁物を取り入れてみる

@janyunyuuuun)

食事の際、温かいスープや汁物を取り入れてみましょう。

体の中に入れるので芯からじんわりと温まります。

この温かいものを食べる際にゆっくりと食べる事でリラックス効果も得られます。

体をリラックスさせる効果+自律神経のバランスも整えてくれる作用があるので女性にとって嬉しい事ばかり。

是非一品いれてみてください。

少しぬるめのお湯につかって芯から温まる

@baby3blue7eyes5)

冷え性だからといって、熱めのお湯にはいったりサウナなどを利用して温まること。

これ、実は冷え性の方にとって逆効果なんです。

冷えているときに最適なお湯の温度は39度~40度で、20分~30分ゆっくりリラックスして入る事で体の芯からきちんと温まります。

じっくり使っていても汗をかいていない状態であれば体がまだ冷えているかも知れませんので要注意。

そしてお風呂上りの髪が濡れっぱなしだったり、バスローブのままだったりはしないよう気を付けましょう。

まとめ

日々行う事に気を付けたり、食事のとり方に気を付ければ冷え性もだんだんと改善してきます。

対策としても簡単なので、是非取り入れてみてくださいね。

おすすめの記事