ママ友と上手に付き合いたい!ギクシャクしないようにする5つの方法

恋愛・結婚

ママ友付き合いって大変!男性が思っている以上に悩むし考える関係性・・・

「ママ友 フリー素材」の画像検索結果

画像元:photo AC

子供のために仲良くしなければならない

自分一人での関係ではないので、
”子供同士が仲のいい親”と仲良く付き合わないとなりません。
ママと気の合うママ友がいたとしても、中心となって付き合うのは
子供同士が仲のいい親。自分の気持ちは二の次です。
ママ同士の相性が悪くても、子供の成長のために
ここはお付き合いしていかないとならないと思うがために
ストレスがかかっているものです。

 

トラブルになっても顔をあわせる場面が多い

親同士にトラブルがあったとします。
子供を通じてのトラブルであったけれど、子供同士が翌日に仲良くしていれば
面倒と思いながらもその親と付き合わないとなりません
一度トラブルがあると大人ですから、相手に対してちょっとした守りに入ってしまう事が
デメリットといえますね!
地域が一緒という事もあり保育園や幼稚園で卒業しても、
小学校、中学校と一緒になる可能性も高いので
こういった環境のストレスも増えていきます。

 

やっかいで面倒なママカーストがある

最近多いのが、このママ達の中での「カースト制度」
いわゆるランク付けです・・・
ママ友同士になるととてもやっかいで、
旦那の役職や子供も対象にカースト評価されます。
またグループ内での上下関係もこれで決まってくるので
とてもやっかいで息苦しい関係になります。

 

どんなママ友とも付き合い上手になるために”NGワード”を知っておこう♪

①旦那の収入など家庭のお金について

「お金 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

主な収入源が旦那さんであれば、どんな職業なのかなどを聞いて
家庭水準を見極める事ができます。
こういった各家庭のお金について会話の中で
何かと詮索できるような言葉の投げかけは止めておきましょう。
そして、逆に自慢ととれるような会話もさけるのが無難です。
金銭的な悩みがある場合は、親か兄弟までとしておくのが
いいけと言えます。

 

②旦那について

「仕事 フリー画像」の画像検索結果

画像元:ぱくたそ

旦那さんがママ友内に入ってくることはない、ここだけの会話だし・・・
と思いながらも旦那さんの愚痴をいうことはあまりいい事といえません。
というのも、行事ごとで旦那も参加して顔をあわせる事もあるので
ママ友内で愚痴を言って今う事で家族の印象もイメージダウンに繋がります!
「休日はいつもゴロゴロしてる」「家事は何もやらない」などなど
なんとなく言ってしまった事がもあるでしょう。
あまり言いすぎるとマイナスイメージになるので気を付けてくださいね!

 

③ママの仕事の詮索

「仕事復帰 フリー画像」の画像検索結果

画像元:ウーマンエキサイト

現代ではママが専業主婦、旦那は仕事といった家庭が少なくなってきています。
こういったことで共働き家庭が増えていることもあり
働く女性が周りにいることのが多いかも知れません。
ですが、仕事をしていたけど育休をとって職場復帰をしたばかりのママもいると思います。
そんな時に「どんな仕事しているの?」「正社員?準社?」などなど
深堀して詮索していくのは不快な気持ちにしてしまう恐れも。
育児優先となるので自分の好きな仕事から離されてしまうママも少なくないので
あまり詮索する事はおすすめしません。
「毎日仕事大変だよね」、「仕事お疲れ様!」などいたわる言葉が
お付き合いしていく上でベターと言えます♪

 

④子供の成長過程

「幼児 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

ママ友ですから、メインの話題は子供関係になります。
同じクラスの、同じ年齢のお友達が増えるのでママ友もおのずと仲良くするメンバーが
決まってきます。
そんな時、仲良くなったからといってNGワードになってくるのが
”子供の成長過程について”の会話。

「うちの子○○できたみたいで、○○くんもできる?」

「こないだ初めてママって言えたの!○○さんちはどう?」

などなど他の子供と比べるような会話は、
相手のママにとって気持ちのいい会話とは言えません・・・
もしかすると、初めての育児をしているママなら
不安と葛藤しながらも悩んでいる内容かもしれないですから
デリカシーがないと思われてギクシャクしてしまうことも考えられます。

⑤子供同士のトラブルに口を出す

「子供のケンカ フリー画像」の画像検索結果

画像元:ぱくたそ

大きくなってくるとママ友の子と自分の子が喧嘩してしまったり、
おもちゃの取り合いなどが頻繁に起こります。
自我が芽生えてくることで起こることなので、成長としてはいいことです♪
ですが、子供同士の内容に親が出すぎてしまうと
子供にとっての成長の邪魔になりますし、
相手のママ友も不快に思うこともあります。

「今うちの子が使っていたからおもちゃを取らないで!」

大人ならわかる言葉でも子供にはわかりません。
こういったことが重なるとママ友との関係に溝がでてきます。
ちょっとしたトラブルは日常的にでてきます。
親としては見守る事も大事で、トラブルがあった時
どういったことをしているかを見る事で的確な注意をすることもできるので、
ママも子供と一緒に勉強する姿勢で取り組んでみましょう♪

 

まとめ

いかがでいしたか?
ママ友との上手な付き合い方って色々な場面で気を遣うんですよね。
絶対にしてはいけないというよりも、
あくまで根掘り葉掘り聞く事で
険悪になってしまうといったパターンなので
意識しすぎず余計なことを言わないように注意すれば大丈夫です♪
この5つのNGワードを頭の隅に置いておくことで
トラブル回避が自然とできるので是非、参考にしてみてくださいね!

 

♡アプリから直接記事が読めます♡
mignon(ミニョン)無料アプリは

こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら
ios(iPhone)はこちら

 

mignon編集部

120,222 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事