なにが違うの?【玉の輿】にのれる女性の特徴

ライフスタイル

結婚するなら”お金”は必要!”玉の輿”に憧れる女性急増中♪

「玉の輿」の画像検索結果

画像元:GirlsWalker.com

自分よりも学歴が高かったりお金持ちと結婚することを
玉の輿にのるっていいますよね!
玉の輿にのったら経済的に苦労することも少なく
裕福な人生を送れるとあって、
現代女性でも玉の輿にのりたい人が多いようです。
でも、お金にこだわりすぎると結婚しても何かあった時に
すぐに関係が崩れてしまう事も考えられます・・・
それでも”玉の輿”にのりたい!
では、どんな女性のタイプが”玉の輿”に乗れるのでしょうか?

俗にいう”玉の輿”って?

玉の輿(たまのこし)は、女性が金持ちの男性と結婚することにより、

自分も裕福な立場になること。男性が金持ちの女性と結婚する場合は、

俗に「逆玉(ぎゃくたま)」と呼ばれるが、

諺(ことわざ)の本来の事実からすれば間違った使い方である

(実際、歴史学者[誰?]は、逆玉という言葉を否定している)。

引用元:ウィキペディア
女性がお金持ちと結婚して裕福な立場になることを
”玉の輿”というようです。
反対にお金持ちの女性と男性が結婚することを逆玉という言葉がありますが
これに関しては造語といったところでしょうか?
きちんとした使い方でないというのは初めて知りました!

玉の輿にのりたい気持ちだけじゃダメ!?やっぱり戦略的に仕掛けている女性も多い

「たくらむ女性 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

”玉の輿”にのる事を夢見て、行動に起こしている女性も少なくないようです。
だけど、騙すような行動ではなく習慣付けとして戦略的にしていること
いくつかあるようなのでご紹介します。

①ジムにいくようにする

お金持ちの男性は、健康的な生活を送りたいと思う方が多く
基本的に体を鍛えている人がほとんどです。
成功者になるためには、長生きしないとといった考えなのでしょうね!
こういったことで、スポーツジムにいくようにしていると
自然とお金持ちの男性に会う機会が増えます
お互いに健康に気を使っているのであれば、きっかけがあれば会話もはずみますし
意識し合う中になるかもしれませんよ♪

②非日常的なシーンを演出する

非日常的なシーンとは、おもてなしの意味をさします。
自宅に招いた際には箸置きに品があったり、生活感のでるものを隠して置いたりと
普段の生活とは違った印象をつけることで
男性は意識をします。
おもてなしのできる女性は結婚をしても配慮ができ、
友人や知人を招いた時でもきちんとした行動が起こせる女性としって
結婚相手の対象になる可能性は高いといえます♪

③結婚したときのメリットを想像させる

女性からするとあまり嬉しくない情報かもしれませんが
お金持ちの男性は合理的な面を持っています。
こういった男性たちは自然と交際する女性は自分のメリットになるかどうかを
見極めているのです。
この合理的な面を打破するには、まずは男性の得意不得意をチェックすることがおすすめ♡
自分にないことができる女性は、非常に魅力的に映ります。
強みをしっかりと男性にアピールできれば、必要な女性として
意識させることができます。

今一度自分の中身を見て!”玉の輿”にのれる女性は【セルフエスティーム】がある!?

「たくらむ女性 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

①無駄な欲がない

「貯金 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

玉の輿の対象となる男性のほとんどは、お金をもっていても
無駄遣いや金遣いが荒いわけではありません。
こういった男性は強欲は、身をほろぼすと知っていますし
お金遣いの荒い女性を苦手とします。
完全にお金目当てで近づいてくるような女性を敏感に感じ取る事ができるので
自分からも近づこうとしないのが特徴的といえます。
ですので、お金を持っているからといって散財するのではなく
本当に必要なものしかいらないといった女性を好みます♡
無欲な女性とまではいきませんが、どの過ぎたお金の使い方をする人は
玉の輿から遠いかもしれません。

②社会のルールやマナーをわきまえている

「ルール フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

玉の輿の対象となる男性は、肩書があるので
仕事の関係者や親しい人たちと交流する機会が多くあります。
そんな時、常識やマナーなとがわからない人が妻になることは
好ましくないと思っている傾向が・・・
こういった機会に妻を連れて行きルールやマナーがなっていないと
自分も恥ずかしい思いをしてしまうので
避けようとします。
そんな社会のルールやマナーに疎い自分がわかりながら
「今知ったからいいじゃん!」なんていうような開き直る女性は
教養のなさにがっかりし、玉の輿にのれないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
現代社会で「玉の輿婚」に乗れる女性はそう多くありません。
「玉の輿に絶対にのりたい!」そんなふうに思っている女性は
少なからず表情や行動に出ているハズです。
出さないように気を付けていても、どこかで必ずでているので
まずは誠実に過ごす努力をしてみましょう。
お金関係なく、自分の価値を高める為の教養や知識を持っていると
自然といい人が現われますので
お金にとらわれすぎて結婚を失敗しないように
気を付けてくださいね。
是非参考ください!

 




♡アプリから直接記事が読めます♡
mignon(ミニョン)無料アプリは

こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら
ios(iPhone)はこちら

mignon編集部

134,259 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事