【新常識】布団は”日光”にあてなくていいって!

ライフスタイル

さてお天気がいいから布団干そう♪洗濯物も一緒に外気に触れさせて気持ちよく!

「洗濯物 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

「布団を干す フリー画像」の画像検索結果

画像元:Goo ブログ

太陽が出て、空も青く
とっても天気がいい!!
そんな時に干せる洗濯物や布団って主婦にとって
とても気持ちのいいものだと言えます♡
雨の日が続いていた翌日晴れたりすると、
それだけで気分はルンルン♪
洗濯物もよく乾くし、布団も暖かくなるから
日光が出ている間はしっかりと干そうーっと!!

・・・・・でもちょっと待って。
布団を干す=日光にあてることって本当に大事なの?
それって、自己満足or欲求にかられて干しているだけじゃない?
もしかするとあなたは間違った常識を繰り返しているかもしれませんよ。

 

それってただの”欲求”だけじゃない?本当は「日光」にあてなくてもいいって本当?

「考える フリー画像」の画像検索結果

画像元:girls-diet-mix.com

「え!?ダニやカビ退治もできるからいいんじゃないの?」

「日光にあてないと布団汚くない?」

どうしても天気が良いと布団を干したくなる気持ちはわかります。
だけど、本当に日光にあてなくてはいけないのでしょうか?
確かに洗濯物や布団をお日様にあてて干すと、パリッと乾き
布団もふかふかな仕上がりになります。
布団を干し終わったものを嗅いでみると優しい”お日様の匂いがする♡”なんて
感じる事もありますよね♪
ダニやカビ退治にももちろん効果的です。

「やっぱり干さないとね!」

だけど、日光にさらすことは本当にメリットだけなのでしょうか?

 

「日光」にあてることのメリット&デメリット

「布団 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

「今まで聞いた感じだとメリットだけだよね。」

確かにそうかもしれません。
だけど、洗濯物や布団の目的は「乾燥させること」ではありませんか?
欲求だけで行っていると正しく干せていない可能性があります。
”日光に当てればあてるほどダニカビ退治に効果的!”
”布団も暖かくなる!”
これだけだと思ったら大間違いなんですよ。

まずは「短時間で乾かす事」が大事と言えます。

「え!?でも日光にあてれば充てるほど日光消毒にもなるしいいんじゃないの?」

確かに単純に考えると”日光”の存在はとてもいいもので
ダニカビ退治に布団を暖かくすることにも有効的です。
けれど、デメリットもあります。
よく聞く日光消毒ですが、これに関しては
”対象物を常に直射日光にあてなくて意味はない”ことから
厳密にいうと殺菌効果としての役割は果たせていません
そして長時間日光に当てる事に関しては
基本的に紫外線はモノの表面にしか効果を与えることができません。
ですので、洗濯物や布団の表面の「劣化」に注意しなければなりません!!
長時間日光にさらすことによって、
濃色部が色褪せてきたり薄くなったり、部分的に穴が開いてきてしまう事も
あるのです・・・

洗濯物や布団に本当に必要なのは”素早い乾燥”なんです!!

「布団干し フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

タイトルにありました、布団は日光にあてなくていい!というのは
こういった傷みを懸念したうえで
まずは素早い乾燥をメインにしましょうといった意味になります。
冬のこの季節は短時間で干してもカラっとふんわりとした洗濯物や布団になりますが
季節は変わり、例えば夏の時期、雨上がりで天気が回復し湿度70%だったとしたら
日光のもとで洗濯物や布団を干す事はあまり意味がありません。
それはきちんと乾いていない事から細菌を増やしてしまいかねない事にも
繋がります・・・

なので、とにかく短時間で素早く乾燥させるのが
一番効率的かつ一番いい干し方になるんです♪
そうですね、大体日光に当てる時間は2~3時間でしょうか。
天気がいいから時間関係なく干すといった単純な考え方ではなく
きちんと理論づいた干し方をすれば
傷みも少なくいつもきれいな状態の洗濯物や布団を
使う事ができるでしょう。

「マンションで一気に干す事ができない」

「ベランダがなくて室内欲しになるときはどうすれば・・・」

そんなお家もあると思います。
その時は、エアサーキュレーターや洗濯乾燥機、除湿器などを使って
上手に洗濯物や布団の湿気を飛ばしましょう!
海外では日光にあてること優先よりも、コインランドリーにいったり
乾燥室や乾燥庫といった設備も活用しているのが基本のようなので
もしかすると、日本だけが「日光にあてばければ」という概念をもっているのかも
知れませんね。

 

まとめ

「ばっちり フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

いかがでしたか?
天気もいいし、布団を干そう!
そんな欲求だけで布団を干すのではなく
”乾燥”させる事をメインの目的として干さないと
日光に長時間あてることでのデメリットも生まれてきます。
よくわからない場所に穴が開いた、生地が薄くなって傷んできた・・・
それって間違った”布団の干し方”をしているからかも知れませんよ。
とはいっても、日光にあてることはありがたくも
無料のエネルギーとなり
ふんわり暖かい仕上がりになるのは間違いないので
日光に当てるきちんとした目安は覚えておくと良いと言えます♪
是非、参考にしてみてくださいね!

 




♡アプリから直接記事が読めます♡
mignon(ミニョン)無料アプリは

こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら
ios(iPhone)はこちら

mignon編集長

109,039 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事