【悲報】柔軟剤での体調不良が深刻化・・・

ライフスタイル

洗濯する際に入れる柔軟剤♡「いい香り~♪」で使っている人多いよね!

「柔軟剤 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

「香りが続く柔軟剤♪」「洋服を払っただけで香りが蘇る♪」
なんてフレーズ、一度はcmで聞いたことありますよね?
今や洗濯する際に必要としている人も多い、柔軟剤♡
すれ違った時に香ったり、その人の香りを印象付ける事もあり
人気商品となっています♪

清潔感をもいいイメージにしてくれる「柔軟剤」ですが
実はあることを見落とすと健康被害をもたらすというのはご存知でしょうか?
cmやTVではあんなに明るくアピールしているのに
実は怖いものでもある「柔軟剤」について
少し調べてみました!

 

たくさんある柔軟剤、好きな香りを使っているけどそれ周りの人に健康被害与えてるかも。

「柔軟剤 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

「え!?何それ、どういう事?」
大人はもちろん小さなお子様を持つ方にとっても
気になることですよね!
一部では”洗濯洗剤より怖い柔軟剤”とも言われており
体調不良を起こしたり、アトピーが悪化したりすることが
現実に起きています。

「目の前真っ白で意識遠のく」

埼玉県に住む主婦(73)が最初の異変を自覚したのは約5年前の平成25年10月。隣家のキッチンの換気扇から自宅リビングに漂ってきた芳香剤の臭いをかいだ時に強くせき込んだ。

以来、近所の洗濯物で使われた柔軟剤の臭いなどをかいだ際もせき込むようになった。ひどい時は5分以上もせきが止まらず、この主婦は「息苦しくて目の前が真っ白になって意識が遠くなることがある」などと訴える。

 

「生理現象我慢」「通勤難しい」

この主婦同様に、柔軟剤などの香りが原因で体調不良を訴える人は近年、後を絶たない。

24年度に国民生活センターに寄せられた柔軟剤の臭いに関する相談は計65件だった。日本消費者連盟が29年7、8月の2日間設置した電話相談「香害110番」には、その3.3倍にあたる計213件の相談が寄せられた。

苦痛を訴える声は増える傾向にある。

引用元:ITmediaNEWS

香りを持続させるのに「香りの強い柔軟剤」を使ったり
規定の使用量以上の使い方をすると
こういったことが実際に起きているのです・・・

 

体調不良の他にも、アトピーが悪化することもありえる

「アトピー フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

意識せずに使っている事で
周りに健康被害をもたらすこともある柔軟剤
アトピーについても、
柔軟剤に含まれる成分によって悪化させてしまう事も多く
止めたらピタリとその症状がなくなったという人もいます。

この悪化原因として一番の要因となっているのが
”界面活性剤”と”香料”が大きく影響していると言えます。
柔軟剤に含まれる界面活性剤には、
衣類に成分が付着し帯電防止や衣類をふんわりと柔らかく仕上げてくれる作用、
他にも花粉やほこりの付着を防ぐ効果があります♪
けれど、この界面活性剤は直接肌に触れる事で肌に刺激を与えます。
そのことで炎症が起こるだけではなく、肌に必要な水分までも吸収してしまい
結果肌を乾燥させてしまうことで悪化してしまうといったケースも・・・

そして香料に関してですが、
香りの元となる香料は、化学物質がいくつもブレンドされているものであり
これによってとてもいい香りを表現できています
この化学物質が肌に刺激を与えアトピーの炎症を引き起こしたり
悪化させてしまうといった結果も・・・
更に“化学物質過敏症”を併発させてしまうこともあり
肌に直接触れなくても香料の香りを嗅ぐだけで具合が悪くなってしまったり、
香りをかぐだけで肌にアレルギー反応が現れ、
強いかゆみが出始めたり悪化の原因となることもあります。

 

アトピーの人でもOK!強い香りでもなくふんわり優しい香りの柔軟剤の選び方

「柔軟剤 フリー画像」の画像検索結果

画像元:節約!! ハッピー子育て

「タオル フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

こういった影響を及ぼす前に、正しい柔軟剤の選び方について
ご案内します♪

とにかく柔軟剤を選ぶ際に大事なのは
肌に優しい成分配合のもの、香料が強くないものにあります。
香りだけにとらわれすぎると、周りはもちろん
知らないうちに自分への健康被害をも与える事となってしまうので
注意が必要です。

無添加の柔軟剤

シンプルな成分構成の柔軟剤

これを選ぶことで、肌の弱い人でも安心して使う事ができます。
これプラスさらに、「皮膚アレルギーテスト済」や「赤ちゃんや敏感肌の方へのテスト済」など
うたっていればより快適に使える柔軟剤といえそうです。

「成分表記を見て安心して買ったのに、アトピーがでた!」

成分をきちんと見たのに体に影響がでたなんてこともあると思いますが
その場合知らず知らずに肌への刺激となる成分が含まれている柔軟剤を
選んでしまった可能性が考えられます!

というのも、
柔軟剤は日用品という区分であり、全成分表示義務に該当していない
からなんですね・・・

もし原因が見当たらず体に影響が出た際は、すぐに使用を中止してください。

 

まとめ

いかがでしたか?
柔軟剤ってものによってとても怖いもので
敏感な方にとってはすぐに体に影響がでてくるものと言えます。
だからといって、柔軟剤を絶対に使わないでくださいという事でもなく
「この香り好きだから買う」「これ香り長持ちなところがいいんだよね」
といった理由で買わずに
必ず成分表記をみてから買うことをまずおすすめします!

そして忘れて欲しくないのが、柔軟剤を使うにあたって
成分表示の義務がないということもあるので100%信用してはいけないということ。
毎日肌に触れるものとして使うかどうかは
あなた自身で成分を調べて購入するのがベターと言えます。
たくさんある柔軟剤ですが、宣伝文句にとらわれずに
本当に必要なものかどうか
自身で調べてみてから購入するようにしてくださいね。
是非、参考にしてみて下さい♪

 




♡アプリから直接記事が読めます♡
mignon(ミニョン)無料アプリは

こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら
ios(iPhone)はこちら

mignon編集長

109,031 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事