誰でも簡単に美味しく炊けて便利な”無洗米”♪

「ご飯 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

私たちの主食とも言える”ご飯”♪
甘味あるご飯におかずをのせて食べる事で癒される人も多いほど!!
冬場であれば寒い日にお米を研がなくてもいいし、
毎日お米を炊く際に米研ぎすることだってない。
洗わないで食べる=手軽で便利、忙しいから助かる
といった点もあります♡

「でも実際、無洗米って本当に清潔なの?」

そういう風に思った主婦の方はいませんか?
今回はこの「無洗米」についておさらいしたいと思います♪

 

精米と無洗米のお米の差って”洗う、洗わない”だけのこと?

「お米炊く フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

「実際に普通のお米と、無洗米ってどう違うの?」
ただ美味しさはそのままで、洗わなくていいのが無洗米だと思っていませんか?
普通のお米と無洗米の差というのは、
無洗米はお米の糖などを普通の白米よりしっかりと取っているため
洗わずに炊いても大丈夫!といった定義になっています。

無洗米のお米をよーく見た事ありますか?
普通の白米よりも無洗米の方が米粒自体に透明感が・・・。
精米具合がかわっていることで、無洗米をそのまま炊いても美味しくなるんですね♡
けれど、実は無洗米でも虫がついている事があります。

それは、虫が糖の部分に卵を産むタイプであれば
精米時に糖と一緒にとることができるのですが、
米粒の中に卵を産むタイプだと精米した際に取る事が不可能なんです!!
この結果、無洗米=綺麗なお米ではないことがあるので
卵を取り切れていないまま食べている事も・・・!?
そう思うと、無洗米でも一度研いでおきたいですね。

 

忙しい人には持ってこい!”無洗米”のメリット&デメリットって?

メリット

「節水 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

・節水

水を使わない”無洗米”ですから、必然的に節水が出来ているといった事になります♪
お米を研ぐときって水出しっぱなしにしていませんか?
お米を毎日研ぐのであれば、毎日水を使っているので
水道料金が多少かさむ事が本音と言えます。
ちりつもではありませんが、毎日研ぐことで水の使用料は
微力ながらもたまっていっているハズ・・・
万が一、今回ご紹介した”虫”に関して発見した際
食べても害はありませんが、食べた身としては気持ちが落ち着かないですよね!

 

・時短

とにかく洗わずして美味しく食べれる”無洗米”ですから
時短としても有効ですね♪
冬場は寒くてお米を洗うのに手を入れるのだけでも
声を上げてしまいます・・・・
そんな時は、100均にてお米研ぎ器なるものが売っていますので
是非、見て使って見てください!!
手を使わずに洗えると会って超便利♡
一度使うとこれなしではいられなくなります。
昔は無洗米について「洗わないと糖臭い」といわれていた時代も
現代では言われなくなりました。
無洗米の進化があってこその美味しさがあるんですね♪

 

デメリット

「お金 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

・値段が高い

無洗米は、精米工場によって通常の精米加工に洗米加工もしてあるため、
通常のお米よりも若干お高めな価格設定にされています。
同じ銘柄で同じ重さのお米でも
精米と無洗米の違いで料金が違うのは見た事ありますか?
それがこの理由です。
毎日炊くのであれば、節水&労力を考えると
ちょっと高めでも買ってしまいますよね♡
なんといっても楽ですから・・・!

 

・エネルギー消費がかさむ

自分が食べる事でのデメリットはありませんが
一方で精米工場での、無洗米用機械を稼働させるためのエネルギーは
消耗しています。
水質汚染を防ぐことができますが、エネルギーを使っているなら
結局どっちもどっちでは?といった意見も多いです。
他にも、人によっては
「無洗米は洗剤くさい」「おいしくない」と思う人もいるので
ここは個人差があっても仕方ないのかなと感じます。

 

 

無洗米を一層美味しく食べる保存方法あります♡

「ひらめき フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

さて、”無洗米”についてお話してきましたが
より一層無洗米を美味しく食べる保存方法を最後に
教えちゃいます♡

炊きあがった無洗米のお米が余ってしまったら、
できるだけ早い時点で冷凍ストックにしてしまいましょう!
保温のままで炊飯器にいれた状態にすると
風味を損ないます
ですので、冷凍ストックとしてお米をラップにつつみ、
次回食べるときは水を少し散らしてレンジでチンすること
冷ご飯ではなく、包む前と同じ味に蘇ります♪
保温機能ってあんまりよくないんですよ。

ご飯は毎日食べるものですから、毎回炊き立てのような美味しさで食べれるのが
理想的ですね!

 

まとめ

いかがでしたか?
毎日たべるものでもある”ご飯”。
時短で簡単に炊く事ができる”無洗米”は忙しい人達にとっては
とっても助かる主食になります♪

無洗米は洗わなくてもいいといった概念から、
綺麗になった状態で出荷されていると思いがちですが
実は虫がついていないとは言い切れないのが真実です。
お米に虫がついていたとしても、健康被害はでませんが
虫がついているのかも・・・と知ってから食べるのだと
精神的に問題が出ます。
もし、無洗米でも”虫”に不安があるようでしたら
洗ってももちろんOKです!
味の質が大きく落ちたりもしませんので
洗わないと信じられない人は、洗う事で気持ちを落ち着かせましょう♪

今回の無洗米のメリット、デメリットを踏まえて、
簡単で美味しい無洗米予備知識として
頭に片隅に置いてといてくださいね!

 




♡アプリから直接記事が読めます♡
mignon(ミニョン)無料アプリは

こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら
ios(iPhone)はこちら

おすすめの記事