新たな年にご挨拶を。早めに準備したい”年賀状”今年はどんなものにする?

「考える フリー素材」の画像検索結果

画像元:photo AC

もうすぐ「平成」が終わりますね。

そんな平成最後の冬ですが、来年の年賀状はもう準備しましたか?

これからの人は早めに準備くださいね!

ギリギリに投函しても、新年一番に届きませんよ!!

今年の年賀状は家族の写真を使う?

それとも子供が描いた絵を起用する?

ちょっと待って!!!!浮かれる前に、

あなたは「年賀状のマナー」大丈夫??

今回はそんな、新年早々恥ずかしくならないよう文例を踏まえて

「年賀状NGマナー」についてご紹介していきます♡

 

え!?普通に使ってた!!間違って使ってしまうNG年賀の書き方を紹介

〇ボールペンで書く〇

「ボールペン フリー素材」の画像検索結果

画像元:photo AC

年賀状は新年の祝い事なので、ボールペンのような細いペンは

不向きとされています。

代わりに筆ペンや、筆、油性ペンなど

力強い字を書ける筆記用具にするといいでしょう。

最近では自宅で印刷したり、ネットで印刷を注文できるので

それを送ってもいいのですが

より丁寧な印象を残すのに関連する話題を年賀状に少し書き加えても〇。

これを書く際もできれば太いペンか筆、筆ペンなどが

ふさわしいといえますよ♪

 

〇句読点はいれない〇

「ばつ フリー素材」の画像検索結果

画像元:photo AC

「、」や「。」などの句読点は入れない方がいいと言われています。

新年祝いのものですから

スムーズに流れるような文章を心がけましょう♪

もし、どうしても一文が長すぎて読みにくさを感じてしまうのでは?と

懸念されるようなら

改行して見やすくしたり読みやすくなるように工夫すると

いいですよ!

 

〇使ってはいけないワード〇

「悲しい フリー素材」の画像検索結果

画像元:freepik

冠婚葬祭などではよく、言ってはいけないワードがありますよね!

実は年賀状にも触れてはいけないワードがあります。

それは「不吉な出来事を連想させる」ワード。

たとえば、「離れる」「去る」「切れる」などなど

あまり新年にふさわしくないワードはマナー違反と言えます。

一番使いがちな言葉として気を付けたいのが

「去年」です。

「去年は大変お世話になりました!」

「去年はありがとうございました!」

こんな内容をいれるなら

文例として「昨年は・・・」「旧年は・・・」といった流れで書きましょう!

ちょっと細かくも思いますが

こういった言い回しに気を付ける事で

周りからの印象は変わります。

 

「A HAPPY NEW YEAR」実は間違い!新年のあいさつNG集

〇「A HAPPY NEW YEAR」〇

「びっくりする子供 フリー素材」の画像検索結果

画像元:photo AC

はい、挨拶文のこれ。私数年前までやっていました(笑)

大人になっても知っていないとやっぱり恥ずかしいですね。

現代では、年賀状デザインを携帯で作る事もできるので便利ですが

この「A HAPPY NEW YEAR」がデザインフォント集にはいっていたりするので

間違っている事に気づいていない人も!!

実はこれ、間違いなんですよ・・・

解りやすく説明すると「A」がいらないという事。

「GOOD MORNING」や「HELLO」などの挨拶に

「A」がはいっていたら変ですよね?

この感覚と一緒で新年の言葉には取り入れません♪

 

〇「新年あけましておめでとうございます」〇

「フリー素材 しめ縄」の画像検索結果

画像元:photo AC

「え?これ何が違うの?」と思った方

残念、これも挨拶文として間違いなんですよ!!

”新年”と”明けまして”はまったく同じ意味にあって

これを同時に使う事で同じ意味を繰り返しているといったことになります。

ですが、この使い方も正しいといった意見もあるので

意見が別れるところでもあります!

若い方はあまり意識しないかもしれませんが

年配の方や目上の方は「重複している」というのがわかるので

できたら避けた方がいいワードとなっています。

 

〇「1月1日 元日」

「フリー素材 元旦」の画像検索結果

画像元:photo AC

この挨拶文はさすがに使っている人、いませんよね??

私が知っている人で使っていたので一応記載したのですが。

これも「新年あけましておめでとうございます」の重複と一緒です。

同じ意味合いの言葉なので片方だけでOK!

あと、この書き方で注意してほしいのが

12月末に出すと1月1日に届ける事はできないということ。

郵便局も大忙しな時期ですから

大体12月15日~25日までにポストに入れておかないと

1月1日には届きません・・・

しっかりと1月1日と明記したうえで、その日付以降に届いてしまったら

恥ずかしいですよ。

 

しっかりとした認識で新年早々赤っ恥をかかないように♪

いかがでしたか?

「私、これ使っていた!」

「案外注意されなかったけど、みんな知っていたの!?」

新年早々赤っ恥を書かないよう

しっかりとした知識を取り入れておきましょうね♡

他にも、目上の人や会社の上司に対して

「賀正」は使ってはいけません!

この二文字の賀詩では敬意が払われない事から

「謹賀新年」や「恭賀新年」と書くのがベターですよ♡

 

もし、相手からの年賀状でNGワードを使っていても

「なんだ、大丈夫じゃん!」なんてことはなく

きちんとしたマナーを持って出す事で

あなたの印象は変わります。

みんながOKだからといって、安心して使ってしまうのではなく

ちゃんとしたマナーを持つことで

周りからも信頼を得る事ができますよ!

是非、参考にしてみてくださいね♪

 




♡アプリから直接記事が読めます♡

mignon(ミニョン)無料アプリ

↓こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら

ios(iPhone)はこちら

おすすめの記事