話題となった”妊婦加算”廃止へ!!「少子化を加速させる」との逆行を経てついに!

ライフスタイル

少子化問題で対策を定義に挙げながらも始まった「妊婦加算」って?

「電卓 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

平成30年の今年4月から「妊婦加算」がスタートしました。

こういった取り組みをしているといったメディア情報も少なく

いきなり始まったとしか考えられないほど急だったため

ネット上では物議をかもすはめに。

この「妊婦加算」について説明すると、

今春の診療報酬(医療の公定価格)改定で、妊婦が医療機関の外来を受診した際の負担が増えました。妊婦加算という仕組みで、病名や診療科にかかわらず、通常の基本診療料(初診料と再診料または外来診療料)に上乗せされます。

 妊婦の支払いは、自己負担3割の場合、初診で約230円、再診で約110円増えます。深夜や休日、診療時間外はさらに増額されます。いずれも、6歳未満の乳幼児への加算と同額です。

引用:yomiDr.

正直私もこの「妊婦加算」については驚きました!

「びっくり フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

自分が妊娠を経験しているからかもしれませんが

妊娠中期になると仕事も産休に入りお金の収入も減る、

そして妊婦検診はしっかりと受けなければ安心できず、

こういった経験を踏まえて、なぜ妊婦に負担がかかるのか。

妊婦検診は妊婦に必要な診察なのになぜ上乗せするの?

現状、どうしてこれからの日本の未来のために生まれてくる子供を身ごもる妊婦が

焦点となったのか・・・

もっと他にお金を摂取すべきところがあるのでは?と

単純に思いました。

ただでさえ精神的にも身体的にも負担のある妊婦。

妊婦検診にいくだけでも結構体力的にしんどい時もあります!

こういった事も踏まえて金銭面でも負担を多くしてしまったら

余計に少子化問題が深くなっていくとは思わなかったのでしょうか?

本当に疑問です。

 

「妊婦加算」について世の中の妊婦やママ達からは厳しい意見が続出!!!

「怒る女性 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

「事実上の妊婦税ではないのか?」

「少子化対策っていっている割に犠牲になるのは何故妊婦?」

などなど

平成30年4月から始まった「妊婦加算」について厳しい意見が続出!

本当に少子化問題をどうにかしようとしているのか、

国が負担すればいいのでは?とたくさんの意見が挙がっています。

 

 

 

 

 

 

 

この結果を経て、注目されていた「妊婦加算」は廃止検討の方向へ

「破る フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

こういったネット上での厳しい意見が相次ぎ

結果、「妊婦加算」廃止検討の方向になりました!

これだけ高齢化社会になってきていて、少子化対策をうたっているのに

なぜ「妊婦加算」が必要なのか私自身も納得いきません。(妊婦ではないですが)

言っている事と真逆の施策をしていたり

国民のことを本当に思っての施策なのか困惑しますね!!

妊娠中の女性が医療機関を外来で受診した際に自己負担が増える「妊婦加算」について、厚生労働省は13日、上乗せ徴収をなくす方向で検討を始めた。制度自体も廃止に向け抜本的に見直す方針。「少子化対策に逆行する」といった批判が相次いだため。遅くとも2020年度の診療報酬改定で反映させる。同日開かれた自民党厚生労働部会(小泉進次郎部会長)で明らかにした。

当面、予算措置で上乗せ部分が負担ゼロとなるような手当を検討。ただ、妊婦加算は薬の処方などで特別な対応が必要な妊婦の診察を医療機関が敬遠しないようにする目的で新設されており、廃止する場合も何らかの代替策を検討する。

 

まとめ

「妊婦 フリー画像」の画像検索結果

画像元:photo AC

いかがでしたか?

日本の少子化問題は世界でも注目されていて

現状、先進国では色々な対策を強化しています。

例えばフランスなら

”産めば生むほど有利な手当”が加算され

・家族手当

・家族補足手当

・年金加算

・出産費用無料

などなど他にもたくさんあり、

多くの対策を考え実施したことで成功しています。

日本だけの視野ではなく、もっと世界的な成功例をもとに

国民のことを考えて欲しいなと思います。

是非、参考にしてみてくださいね♪

 




♡アプリから直接記事が読めます♡

mignon(ミニョン)無料アプリ

↓こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら

ios(iPhone)はこちら

mignon編集長

109,032 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事