映画のセカイ♡モニュメントバレイ

旅行・おでかけ

ジョン・フォード監督の「駅馬車」など、多数の西部劇がモニュメントバレーで撮影され、
他にも「2001年宇宙の旅」「イージー・ライダー」「フォレスト・ガンプ」等の映画の舞台となっています。
この場面を実際に見たくて夏にロードトリップをしてきました!

私はアンテロープのあるモアブからモニュメントバレーを目指しました。
まず、モニュメントバレー付近にユタ州へようこその看板もあり
ユタ州からアリゾナ州にかけてての広大な公園です。
ここでもうワクワク感が止まりません(笑)

正式には【モニュメント・バレー・ナバホ・トライバル・パーク】と言われ
ここはナバホ族の居住地のなかにあり、ナバホ・ネイションとなっています。
ネイションはアメリカ合衆国公認の【国】で、
それに準ずるナバホ族の法律、国旗、国章、学校、大学、警察があります。
もちろん、交通違反をするとアメリカの法律かナバホネイションの法律を撮るか尋ねられると言われています。

映画のロケ地をめぐるモニュメントバレー入場口!

いよいよモニュメントバレー国立公園へ入場!
もうあちこちに自然のモニュメントが見えてきます(^○^)

①ミトン・ビュート(Mitten Buttes)

そしてインフォメーションセンターの横にただ一つ公園内にホテルがあります。
ここは常に人気で予約が取れにくいみたい!

ここからはすぐに車を停めて、ミトンビュートの大絶景の景色に会えます!

ホテルやインフォメーションのテラスから見る景色は絶景です(#^.^#)
↓   ↓   ↓

もちろんこの朝日が見たくて私はビューホテルのロッジのほうに泊まりました!

夜は風が強くてロッジごと飛ばされるのではないかと思うほどでした((+_+))
でも朝になると本当に素敵なサンライズ♡

②映画のロケ地をめぐるバレードライブ!

「フォレスト・ガンプ 一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」「2001年宇宙の旅」など。
こんなにも映画が撮影されていたんだな~とつくづく思います♪
そしてなかでも、最もモニュメントバレーで有名な映画監督がジョン・フォ-ド♡
「駅馬車」「荒野の決闘」「黄色いリボン」など、ウェスタン映画の数々が撮影されたんですね~!

下の写真は全長5.3kmのループ状になった唯一歩いて散策できるコースの入口ですが、
今回は自家用車でバレードライブの全長27キロの未舗装の道路を行ってきました。

それでは、数々の名場面のポイントや絵になる光景をご紹介しますねっ!

この細く長く続く道がバレードライブ!
気を付けて運転しないとスタックしてしまうほどの急な坂道もあります!

バレードライブには野生の白馬に出会えたりワクワクします!

ミトンビュートの至近距離のポイントでナバホ族の方が
ハンドメイドの半貴石のジュエリーを販売しています!
運がいいとかなり安くしてくれたり、現地の人とのコミュニケーションも楽しいです!

ジョン・フォード・ポイント (John Ford Point)

彼が一番好きだったポイントは、現在もジョン・フォード・ポイントとして、
とても有名な観光ポイントとなっており、運がいいと写真撮影用に馬に乗った
カウボーイのおじさんが現れます。 もちろん私はラッキーでした~♡

④トーテム・ポール

高さ約250mほどある細長い岩のこと。
一群のタワーエイビチャイ Yeibichai → ナバホ人の伝説に出てくる【踊り子たち】が
踊っている姿みたいだということで名づけられたそうです!

⑤スリー・シスターズ

ジョン・フォード・ポイントのほんのわきにある3本の柱岩。
これがスリーシスターズと言われていて、ここでいうシスターは3姉妹の意味ではなく修道女のことだそうです。
3つの突き出た岩がまるで3人の修道女がベールをかぶっているようで、
このタワーたちが、スリースターと呼ばれているそうです。

⑥アーティスト ポイント

バレーの一番奥まったポイント!
ここからの眺望は格別で大地に広がるビュートは芸術家の意識が目覚めそうな素晴らしい景色(^○^)
アートの言葉がマッチする光景は忘れられない思い出になります!

車を停めて少し散策することもできます~♪

⑦フォレストガンプ ポイント

入場口を右手に進み、ナバホ・トライバル公園の北側、メキシカンハット方面に行くとこの景色!
映画「フォレストガンプ」で有名な場所!!!
車を停める場所がないので、写真を撮るのは難しいけど映画を思いながら走ってみたいロードですねっ(#^.^#)

いかがでしたか?
たっぷりと迫力ある景色をご紹介しました。
車ではちょっとと思われるかたは、ナバホ族によるジープツアーも
あるので安全に周ることができると思います。

グランドサークルの中にある、モニュメントバレーは
人気のアンテロープやホースシューベントなどとともに
プランを立ててみてはいかがでしょうか?

maccopie

653 views

元プロスノーボーダー(アルペン) スノーボードの練習や大会のために雪のあるところに行ってました。 引退してからは、せっかく行った国の観光をしていないことに気...

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事