次は葛飾区!?昔は”死”にいたった怖い「赤痢」の集団感染!!感染経路や予防について

ライフスタイル

東京・目黒区に続き今度は葛飾区の幼稚園でも!?”赤痢”という病気の特徴って?

「外人の幼児 フリー画像」の画像検索結果

今日、気になるニュースが飛び込んできました!

その内容は”赤痢”の集団感染

東京・葛飾区の幼稚園で、園児11人が赤痢に感染していたことがわかりました。今年に入って都内で発生した集団赤痢は、2例目となります。

東京都によりますと、先月18日、葛飾区内の幼稚園に通う4歳の男の子が下痢などの症状を訴えたため、病院を受診したところ、赤痢と診断されたことがわかりました。その後、4日までに、3歳から6歳の11人の園児が細菌性の赤痢に感染し、下痢や腹痛などの症状を訴えましたが、いずれも軽症だということです。

感染の経路はわかっていませんが、園で提供された給食からは赤痢菌は検出されなかったため、園児同士の接触や不十分なトイレの処理などが原因とみられます。

都内では、今年10月に目黒区の保育園で園児ら21人が赤痢に集団感染していて、東京都が注意を呼びかけています。(04日18:55)

引用:niftyニュース

この”赤痢”ですが、今年10月にも

目黒区の幼稚園で36人の園児が集団感染にかかり話題となりました。

現代のママ達はあまり聞きなれない”赤痢”

小さい子の集団感染とあって、今後の感染経路も不安ですよね・・・

この”赤痢”について簡単に感染経路、症状や治療法などをまとめてみましたので

是非ご参考ください。

怖い”赤痢”にかかる原因と感染経路、潜伏期間はどのくらい?

「外人の幼児 フリー画像」の画像検索結果
今回、”赤痢”といった病気を初めて聞いたママも多いと思います。

この赤痢、今でこそ「昔の病気」として知られていましたが

なぜ今回このような集団感染がおこってしまっているのか?

”赤痢”になる原因は以下の通りとなっています!

感染力が極めて強く、少量の菌でも感染するこの菌は、便とともに排出されるので、感染者の手指や食品がほんの少し汚染されていても、口から体の中に入ることによって感染します(経口感染)。
感染経路のひとつとして食品がありますが、直接手指が触れる食品群(にぎり寿司等)から感染することが高く、さらに、生水の摂取による感染や、乳幼児がおもちゃ等を口に含んだりすることによる物品からの感染も報告されています。

引用:東京都福祉保健局

この”赤痢”ですが、経口感染する急性腸炎といわれていて

世界的にも蔓延しており発展途上国から帰国した際に

患者となっているケースが日本でも発生している病気。

小さな子供たちが集団感染となると、主に”給食”なのではないか?

と思われますが

今回の結果として集団感染した経路は”給食ではない”ことがわかりました。

そして感染した際の潜伏期間ですが、

大体1日~7日となっていて

多くの症状を訴えるのは4日以内だそうです。

 

下痢や腹痛を訴えたら気を付けて!”赤痢”にかかったさいの症状の特徴

「外人の幼児 フリー画像」の画像検索結果

「子供の様子がおかしい」

”赤痢”にかかったお子様ですが症状として重荷発熱、下痢、腹痛や嘔吐しぶり腹、

大腸炎(粘膜の出血性化膿炎や膿・粘血便等がでると言われています。

「赤痢って子供がかかりやすいの?」

お子様を持つ方なら誰しも心配です・・・

この”赤痢”ですが日本国内では2000年に377人だった患者数が

2006年には747人となっており、増加傾向にあることがわかっています。

割合としてですが、実は”男性”が多いようです。

 

子供がかかった際の特徴に関しては、

重症化することはほとんどないとのこと。

少し安心した・・・なんてつかのま。

数回の下痢や軽い発熱だけで終わる事もありますが

下痢が長期間続くと、脱水症状を起こす可能性があります!!

あまり軽く見ていると細菌が多量に血中へ侵入することで起きる敗血症などもみられ、

その場合は最悪「死」にいたることもあるので

甘くみてはいけません。

 

”赤痢”を治すのにはどうしたらいいの?予防法や治療方は・・・

「外人の幼児 フリー画像」の画像検索結果

この”赤痢”ですが、予防の仕方や治療方法が気になりますね。

”赤痢”に感染しないようにする予防策としては

感染経路を断つことが重要なので

こまめにしっかり手洗いを行うことが大切といえます!

そして、”赤痢”の感染に疑いがある人は

食品を調理しないこと、

そして”赤痢”の菌を持ってくる”ハエ”を駆除することなども大事です。

 

”赤痢”に感染した場合の治療法ですが、抗菌効果のある薬を服用することで

まずは治療をしていきます。

この抗菌作用のある薬を大体5日ほど服用し

排便したうんちの中に赤痢菌が見つからなくなった状態

治ったといえるのだそう。

また、下痢や嘔吐によって脱水症状になることもあるので

十分な水分を摂ることは必須です!

大体4~8日で回復することが多いものの、

重度となってしまった場合は最低でも3~6週間かかることもありますので

油断できません。

 

まとめ

いかがでしたか?

「初めて聞いた病気でびっくり!」

「聞いたことない病気だったから不安だった」

そんな方々に必要な情報となりましたでしょうか?

感染原因、感染経路、潜伏期間、病気の症状、そして治療法。

一通り把握しておくだけでも気持ち的には安心です。

今回の集団感染、小さなお子様をもつパパママは

とっても不安な日々だと思います。

これから感染が拡大することもありえなくないので

必ず予防策をはって感染しないよう心掛けてくださいね!!

 




♡アプリから直接記事が読めます♡

mignon(ミニョン)無料アプリ

↓こちらからインストール

スマートフォン(android)はこちら

ios(iPhone)はこちら

mignon編集長

84,567 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事