グイグイくる!子供のお下がりをねだる”ママ友”にやんわり「ごめんね」と伝える方法

妊活・妊娠・出産

ママ友に次の子供ができた!生まれてくるのは楽しみだけど・・・

 

View this post on Instagram

 

pk.b.mさん(@pk.b.m)がシェアした投稿


友人やママ友に次の子供が生まれてくることが発覚!

自分の子供も大きくなりサイズダウンした洋服って

結構あるもの・・・

あげてもいいかなと思ってるとしても、

実際その時がくると名残惜しかったりしますよね。

友人やママ友からしても自分の次の子が上の子と性別違いなら

ママ友お下がりの洋服を求めたくなる気持ちもわかります。

 

だけど、この対応がめんどくさいと思うママも

少なくないようです。

なるべくなら波風をたてずに

話をすぐきりかえたいもの。

今回は、そんなサイズダウンした洋服をお下がりにねだる

ママ友へのやんわり「NO!」と伝える方法を

8つご紹介します!

 

子供の洋服のお下がりをねだってくる”ママ友”にさりげなく拒否を示す8つの方法♪

「ごめんね、友達に上げる約束しちゃって・・」

 

View this post on Instagram

 

marico*♪さん(@maric0821)がシェアした投稿

「実はもう先約があって・・」

「いとこに上げる約束していて、ごめんね!」

第三者を使ってやんわりことわるとめんどくさい事がありません。

人に譲ってしまう先約がある事をしれば

ママ友も引くしかないでしょう。

もじもじしながら言わずに、

明るくはっきりと伝えることがポイントです!

 

「安かったからすごい汚しちゃってて・・・」

 

View this post on Instagram

 

ウッドワン【公式】moku.meさん(@moku.me)がシェアした投稿

「すごい気に入っていて、たくさん着たから汚くて!」

「汚してもいい洋服として使っていたからキレイじゃないよ!」

相手も欲しくならないような言葉で避けてみるのも手です!

ママ友ちゃん家の子はいつも素敵な洋服着ているから・・」

ダメ押しして話題をかえてしまいましょう!

 

「私も次の子のために取って置きたくて・・・」

 

View this post on Instagram

 

MC MEGUMIさん(@megu.feb.24)がシェアした投稿

「実はもう一人考えてるから、取っておきたいの」

「二人目(三人目)も実は欲しいと思っていて・・・」

はっきり言う事で、それ以上ママ友お下がりをねだってくることは

なくなるでしょう。

こういったケースは現実的な事に繋がるのでトラブルに繋がりにくく、

相手もすんなりと受け入れてくれるようです♪

 

「これ思い出がつまってるもので・・・」

 

View this post on Instagram

 

sakiさん(@sa.ki177)がシェアした投稿

「これ、生まれて何か月かの記念日に着せたやつで・・・」

「1歳のお祝いでもらった記念の服だから・・・」

なんとなく、しみじみ懐かしさを感じさせながら話を終わらせる方法も

アリです♡

思い入れのあるものはママであれば誰しも渡したくなく

大切にしたいですから

気持ちを分かってくれるはずですよ!

 

「これ実は借りてて返さなくちゃいけないの・・・」

 

View this post on Instagram

 

日本デザインセンターさん(@nippondesigncenter)がシェアした投稿

「実はうちもお下がりでもらったんだけど、借りた相手に次の子が生まれそうで・・・」

「妹がやっぱり気に入ってるから返して欲しいっていってて・・・」

借り物だから渡せない、あげれないということは

ママ友にとっても譲り受けられないものなので

相手を納得させやすい言葉になります。

特にフォーマルな洋服や、お出かけ着などは

より強調しやすい洋服といえます♪

 

「来年もいけたら着せようと思ってて・・・」

 

View this post on Instagram

 

Lucuroomさん(@lucuroom)がシェアした投稿

「来年までなんとかいけそうだから着せちゃうつもりなんだ!」

「まだまだ履けそうだから着た押す予定!」

ワンピースやレギンスなど、着丈が少し短くてもまだまだ着れそうな洋服なら

効果的な言葉と言えます!

相手の子供とサイズ感がそこまで変わらないようであれば

先送りにすることでその場を乗り切る事もできますよ!

 

「結構いいお小遣いになるからそっちに回してて・・」

 

View this post on Instagram

 

Freegramさん(@freegram.jp)がシェアした投稿

「ちょっとしたお小遣い稼ぎで、子供服でも結構売れるんだよね!」

「オークションで売って、生活費にあててるよ!」

着古してタダでは上げられないといった気持ちも込めて

話すのもいいかもしれません♪

子供の洋服は意外と安価でも売れますからね!

それだけ需要もありますし、お下がりでなんとかしようと思うママは多いですから

納得してもらう便利な言葉と言えます。

 

「この柄気に入っているから自分でリメイクに挑戦してみるつもり・・」

 

View this post on Instagram

 

*Shikiho*さん(@shikihoebina)がシェアした投稿

「最近ネットで簡単なリメイク法がのってたから挑戦しようと思って!」

「この柄なかなかなくてお気に入りだから、なんとかリメイクしようと思うんだ!」

裁縫などが得意な方は明るく前向きなこの発言で、これからも活用します!と

断言するのも良いと思います。

こういった事を普段しないようなタイプであれば

嘘と見抜かれることもありトラブルになりかねないので

注意してくださいね!

 

まとめ

いかがでしたか?

新たに子供が生まれるとなると、

やっぱり金銭的な負担も大きくなるので

できればお下がりを活用して乗り切りたい気持ちは

わかります。

 

ですが、中には

サイズダウンしていたとしても

思い出がたくさん詰まっていて

渡しきれない洋服だってあります。

その時は遠慮なく断ってしまっていいと言えますよ!

逆にもじもじしながら答える事で、

相手を不快に思わせてしまい

頼れるママ友とめんどくさいことになるのも

嫌ですしね!

どの言葉も最大のポイントは、

”言った後、早めに違う話に切り替える事”です。

 

ママ友だからといって、

なんでも許す事はありません。

適度な距離を保つことは大事ですから

無理せず付き合っていきたいですね♪

 

是非、ママ友や友人から

子供服のお下がりを要求されて困ったら

この言葉を参考に乗り切ってください。

 

 




mignon(ミニョン)無料アプリ

↓こちらからインストールできます↓

スマートフォン(android)はこちら

ios(iPhone)はこちら

mignon編集長

109,031 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事