一度つまづくとやる気を失ってしまう、子供の勉強への気力・・・

 

View this post on Instagram

 

komasato_famさん(@komasato_fam)がシェアした投稿 -


子供のやる気モチベーションを維持する事って

とても大変だと思いませんか?

「少しわからなくなるとすぐにいじけちゃう・・・」

「どうしても楽しい事に逃げがち・・・」

だんだんと成長していくにつれて大きな壁となってくる

子供の勉強嫌い”。

保育園幼稚園からあがって、

きちんと勉強する時間の確保された小学校にはいると

どうしても勉強よりも遊ぶことのほうが楽しいと感じてしまいます・・・

気持ちはわかりますが、

やっぱり親としては勉強をすることで

将来の選択肢が広くなる事を願ってしまいます。

 

では、なぜ勉強に対してやる気がある子とない子で

差がつくのでしょうか?

勉強が好きになる♡子供を伸ばす親と子供をダメにする親の違いを徹底比較!

子供をの伸ばす親は体験を通して、知恵を”知識”に変えるのを手助けする

 

View this post on Instagram

 

しゅうちゃんまんさん(@s.451.y)がシェアした投稿 -

勉強しなさい!」「どうして勉強しないの?」

ついつい口走ってしまってはいませんか?

勉強する=ただ机に向かってもくもくとやる

といった概念は親の方が捨てましょう。

子供の伸ばし方を知っている親は、

こういった業務的な言い方をしていません。

 

例えば、

「この洋服安くなっている…3割引きって事はいくらだと思う?」

ファミレスにあるメニューなど使って

「これは何て読むんだろう?」

なんて日常にあるものを意識しながら勉強し学ばせています

私たちの身の回りにあるもので

勉強を楽しめる方法はたくさんあります。

このキッカケを作り習慣化することで

考える力を楽しむと言った姿勢が出来上がっていくのだとか!

 

一方、子供の勉強に対するやる気をなくすような親の特徴として

学校の勉強が大事、塾の勉強をする事が大事と

経験価値をないがしろにしてしまいがちです・・・

 

子供を伸ばすにはには子供が将来なりたいといった気持ちを受け止める

 

View this post on Instagram

 

Rieさん(@otokonoko.hutari)がシェアした投稿 -

「大きくなったら○○になりたい!」

小さい子なら現実的なことを言わない事もあります。

ですが、子供ながらに憧れているものを

決してバカにしてはいけません!

なりたいものがあるだけで素晴らしい事ですからね♪

この夢を持つことで大事なのが

”目標を持つこと”

そしてそれを体験してもらう事が大切です。

 

親がなりたかったものを子供に押し付けようとすると

反発心が生まれやすい環境といえます。

子供も好きなら良いですが、

子供は親のおもちゃではありません!

「なりたいものどうしたらなれるか?」

アドバイスしてあげると良いですね♡

 

一方、子供の勉強に対するやる気をなくすような言動として多いのが

ただ勉強しなさい、将来ダメになるから・・・などといって

曖昧な言葉をかけるといったパターン。

気を付けたいところです。

 

子供を伸ばす親はどう生きたいのか?ブレない教育論がある

 

View this post on Instagram

 

北区ドットコムさん(@hellokitaku.comdesu)がシェアした投稿 -

最近は、早期教育のブームになっていて

小さいころから英会話教室などの習い事を始める子供

増えてきています♪

グローバル化してきている事もあって、

親としてはどんな所でも通用するような人になって欲しい!

そんな希望もあることでしょう。

 

でも、どんな事でも

きちんとした理由がなければ意味がないです。

「周りの子みんなやっているから・・・」「評判よさそうだから・・」

などではなく、

親が子供をどう育てたいかを中心に決めていく事が

大事です。

知らないものを周りがいいからといっていたら買いますか?

中身をチェックして吟味するように

子供の将来を見据えてしっかりと判断したうえで

ブレない軸を持つことをおすすめします!

 

一方、やはり曖昧な状況で習い事を流れでやってしまう親は、

何事も目的を曖昧にしてしまい

その判断が子供にまで影響を及ぼす可能性があります。

 

”親の考え方次第”で子供はどんどん成長していきます♪

 

View this post on Instagram

 

ニノン@兄弟3児ママ【人見知り】さん(@nino_on12)がシェアした投稿 -

子供の頭の良さは遺伝からくる子もいますが、

大抵の子はこの親の”ブレない軸”からきています。

 

周りの子を見て時には焦ってしまう時もあるでしょう。

子供の伸びしろは期待できますので

その一時に騙されないようにしましょう。

勉強をするにあたっても、まずはどうなりたいかを決める事

そして目標設定をする事で

ちょっとつまづいても考えるようになります。

 

まずは子供を信じる事、そして応援する事を親も習慣付けていくこと

とても大事かといえますよ♡

まとめ

いかがでしたか?

子供はどうしても何かにつまづくと止まりがちになります。

そこでどう考え、どうやっていくのかをきちんと考えさせることで

成長していくものだと言えます。

 

親の考えを押し付けるのではなく、

まずは子供がどうしたいのか?に耳を傾けては

そこに向けたアドバイスをしていく事で

子供自身もやる気に満ちて頑張ろうと思うのだと思います。

 

そして、一度決めたらブレない事も大切です。

妥協を繰り返してばかりいると”頑張る事”をしなくなっていってしまう可能性も・・・

この見極め方は難しく考えがちですが

内容を把握し、その結果成果がみあっていなければ

諦めが必要な場面も出てくることでしょう。

その際は、理由をきちんと述べて

子供の納得いく姿を見てから行動を起こすのが良いと言えます。

子供は親の背中を見て育つものです!

親の決断力、子供の意見を聞く事は非常に大事なことなので

是非参考にしてみて下さいね♪

おすすめの記事