Eテレなのに攻めすぎ!山田孝之さんが解説する”植物に学ぶ生存戦略”が面白すぎる♪

ライフスタイル

ママ達子供たちがみんな見た事のある”Eテレ”ってどんな番組??

 

View this post on Instagram

 

ジョージ ウイリアムズさん(@kungfugeorge)がシェアした投稿


番組表でもある”Eテレ番組ってどんな番組?”と思っているママ達も

少なくないと思います。

子供番組チャンネルをEテレと認識している人もいるのではないでしょうか?

 

一番有名な所では、

”おかあさんといっしょ”や”いないいないばあっ!”、

少し大きいお子様には”天才テレビくんYOU”などが人気ですよね♡

 

この”Eテレ”は、英語でいう”EducationalTelevision”の略となっており

教育番組を指します。

キャッチコピーは”見つかるEテレ”とし

子供と新たな発見や楽しさを再発見できる番組を目指した

チャンネルとなっており

この教育番組、アニメはもちろん

料理や英語といった内容も充実しているので

楽しみながら勉強する事ができる人気チャンネルとなっています♡

 

あの山田孝之さんが”真面目な顔して、真面目な口調で、真面目な事いってるけどふざけてる”と話題に!!

 

View this post on Instagram

 

Satoshi Tsuruさん(@conejo3104)がシェアした投稿

あなたは普段何気なく目にしている植物

驚くべき”生存戦略”をしていることに気づいていますか!?

ある植物は自分の命とつなぐために美しく魅せ、虫たちを罠に仕掛けたり

またある植物は自分の生きる場所を確保するために未開の地に活路を見出すしたり・・・

その植物が生きる為に生存戦略としてあらゆる方法を生み出してきた植物たち

 

そんな植物たちを話し手として、山田孝之さんが丁寧にシュールな雰囲気で

勉強させてくれます!

番組表を見て「Eテレに山田孝之さんが出る!?」

目を疑った人もいるのでは?

そんな話題”植物に学ぶ生存戦略”は放送するや

ツイッターでは”とても面白い!””シュールすぎて笑った!”

”親子で笑いながら勉強になる!”と絶賛されています♪

その話題性に、「再放送しないの?」といった声も

多いとか!

 

 

 

 

 

 

 

 

いかなる時も、山田孝之さんは真面目です。

ですがところどころ面白みのある発言をしてくるので

大人でもくすっと笑いながら見る事ができます♪

 

一度見たら再放送でもまた見たくなる!笑いが入りながらも勉強できる”Eテレ番組”

 

View this post on Instagram

 

🌈はる⚡️さん(@harucyai)がシェアした投稿


今SNSで実は、「Eテレで採用する芸能人が面白い!」といった点にも

注目されています!

・昆虫に関する番組が人気!香川照之さん出演の”昆虫すごいぜ!”

・合言葉は「筋肉は裏切らない!」で話題!武田真治さん出演の”みんなで筋肉体操”

そして今回の植物に関する番組としてご紹介している

シュールで知識になる山田孝之さん話し手の”植物に学ぶ生存戦略”

 

第二回で放送した”たんぽぽ”の生存戦略も

非常にわかりやすいたとえが混ざっており、

「なぜこんなところにたんぽぽがあるの?」といった小さな疑問が

解決します。

こういった小さな点にも子供って不思議を感じるんですよね!

唐突に質問されても素敵な返答として

答える事ができそうです♡

 

まとめ

いかがでしたか?

人気俳優の山田孝之さん目当てで見た番組だとしても

ちょっと癖になるような内容です♪

 

単に植物の生態や生存に関する知識だけでは

子供は頭に入りずらかったりします。

ママ達の時代や現代でも、西暦を言い換えて覚えたりしましたよね!

これと同じで、”少しユニークな覚え方”をする事で

より強いインプットを起こす事ができると言えます♡

 

アニメや料理、英語番組でもない

シンプルで少し笑いを誘う話役として

山田孝之さんの新たな魅力も話題となっています。

 

”Eテレの楽しさ、面白さ”を一層幅広く感じさせてくれる

”植物に学ぶ生存戦略”

再放送はもちろん、動画でもシリーズが載っていますので

是非一度見てみて下さいね!

勉強嫌いだったママ達も、子供たちに面白楽しく

説明できるかもしれませんよ♡

mignon編集長

49,172 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。