「今日は何日の何曜日?」幼児をやる気習慣にさせるカレンダーの教え方♪

ライフスタイル

一つ一つの単語が繋がってくる幼児、会話の中で無意識に使う曜日や日にちを一緒に覚えていきたい!

 

View this post on Instagram

 

yokoさん(@dai_0023)がシェアした投稿


乳児から幼児に上がってくると、色々なものに関心や興味が

湧いてきます♡

人、物、場所・・・見るものすべてに「不思議」がついてくる

とても大切な時期ですよね!

 

そんな中、日常会話では自然と曜日や日にちがでてきたりします。

○曜日はピアノだね!」「○○日は運動会だね!」「○○日は、○○ちゃんと遊ぶね!」

こういった内容や日にちの感覚っていったいどんなタイミングで

みなさん教えているのでしょうか?

一番多かったのは”曜日や日にちに興味を持った時”でした。

どうしても保育園、幼稚園に通っているお友達が覚えていると

うちの子も覚えなきゃとかられますが

周りの子は解っているからといって、無理に覚えさせるような事はNG!

 

子供と意思疎通するためにも

”カレンダー”の読み方をタイミングよく教えておくと

会話がもっと弾みそうです♪

万が一子供が「もうやらない!」と言い始めたら

その時はスパッとやめましょう。

気分が乗らない時にやっていてもなかなか覚えられませんし

”難しいもの”といった認識にしてしまう事で

一層勉強しようとしなくなってしまいます。

 

曜日や日にちの感覚が幼児はない!この意識付けの感覚を教えるにはどうしたらいい?

 

View this post on Instagram

 

kazunori kataokaさん(@kazz_sun)がシェアした投稿

今日は何日の何曜日、今朝なのか昼なのか夜なのか・・・

あまり考えずに過ごしている幼児も、

保育園や幼稚園に入る事で生活習慣が変わり

生活時間や行事がある事で脳に刺激を与えていきます。

 

こういった毎日なんとも思っていなかった事を

意識していってみようとなると

大抵の子はパンクしてしまいわからない!といじけてしまう事も・・・

ですが、この習慣が毎日ある事で自然と聞きなれた言葉や感覚に

変わっていき思いのほかスッと落ちていくものです♪

ただでさえ吸収力が高い幼児ですから、

少しわかってきたら自分から興味を示すハズです!

 

幼児の”感覚を掴む能力”は大人が思うよりもとても高いので、

今ダメでも焦らないようにしましょう。

 

抽象的な概念を解りやすく教えるにはどうしたらいい?

 

View this post on Instagram

 

はるにいさん(@takaramono_h17)がシェアした投稿

いきなり覚えさせようと思っても難しいもの。

まずは楽しむ事を前提に教えていくと良いです♪

 

初めに”1日の流れ”から教えていきましょう!

これは3歳未満の子供でも習慣付ける事が出来ます♪

絵本が好きなら絵本を使って覚えさせたり、可愛いイラストなんかを描きながら

教えていくのも教材代わりになります。

描かれたものと現実が一緒な事を確認しながら

「お外が暗いから、もう寝る時間だね~」なんて声かけもあると

ベストです。

 

 

View this post on Instagram

 

Aya*さん(@ray_tete)がシェアした投稿

この感覚が身についてきたら、

”時計の数字”を意識させてみましょう。

2を10分、3を15分などで教えるのではなく

数字のままで覚えさせるといいです。

「おもちゃ遊びは6までにしようね!」「8になったらお片付け一緒にやろう!」など

パッと見て解る内容にすれば出来る事が増えます♡

そして出来た際には思いきり褒めてあげてください。

本人のやる気も増してどんどん吸収していってくれますよ♪

 

こんな便利なアイテムも登場!楽しく学べるアプリなども活用してみて♪

 

View this post on Instagram

 

たにこさん(@97_saki_)がシェアした投稿

幼児にカレンダーを教えるのに特別な教材はいりません!

教材の変わりに”簡単アプリとママ(パパ)”がいれば大丈夫♪

 

おすすめのカレンダーは、

ふりがな付きの”ちびむすカレンダー”

カレンダー自体のアプリダウンロードが無料となっていて

干支カレンダー、六曜入りカレンダーといくつか種類があります♪

生活表と季節のカレンダーというタイプなら

お手伝い内容を書いたり、シールを貼るスペースが十分にあるので

楽しみながらカレンダーを手に取る事が増えていきそう♡

ふりがなつき ちびむすカレンダーはこちら♪

 

可愛いカレンダーがイイ!という子供には、

シリピリカのカレンダーアプリでダウンロードしてもおすすめです。

シリピリカのカレンダーは、

全部ひらがな表記で管理ができるカレンダーとなっているので

慣れてきたらカレンダーに記入する事がワクワクしていきそうです♪

こちらも無料となっています。

シリピリカのカレンダーはこちら♪

 

そして、カレンダーの読み方を教えるぷりんときっずも人気!

通常の読み方とは違う日にちを、ぷりんときっずなら

レベルに合わせた教え方ができます。

こちらも無料ダウンロードできるので

是非試してみて下さいね♪

ぷりんときっずのカレンダーはこちら♪

 

まとめ

いかがでしたか?

何事も根気よく教える事が大事ですが、

まだまだ幼児

一生懸命わかろうとする前に嫌になってしまう事だってあります!

そんな時は、無理に覚えさせずちょっと休憩。

 

日にちや曜日がわかるようになると、

スケジュールが把握できたり数に対しての興味もわいてくると思うので

ゆっくり焦らず楽しみながら教えていけたらいいですね♡

そして、教材などは使わず

さりげなく日常会話で取り入れて見たり、

ちょっとした2択、3択クイズにして問題形式で挑戦させてみても

面白いかも知れません。

 

まずはやる気がでたら教えてあげる事、

そして無理は禁物。

できたらたくさん褒めてあげる事を忘れないでくださいね!

是非参考にしてみてください♪

 

mignon編集長

49,173 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。