災害は突然やってくる・・・自然災害経験者にしかわからない恐怖体験

 

View this post on Instagram

 

ワタセ ショーさん(@show0range)がシェアした投稿 -


近年、日本では大地震が多発しています。

震度7という恐怖は被災者だけにしかわからない恐怖となり、

今後の生活にも影響が出てくるものです。

 

予測できずにやってくる「自然災害」。

日常的にヘルメットランタン変わりになるライトを持つことはできませんが

もしもの時のために、防災グッズ備えと準備は

必ずしておくべきと言えますね。

 

防災グッズのセットになっているタイプを手に入れてもいいですが、

なかなか金額が大きくて手がだせない・・・

そんな人へ、今回は

インスタグラマーのみなさまからの知識をお借りし、

「無印良品&100均」で手に入る

便利で頼れる防災グッズをご紹介していきます♪

防災グッズを定期的に見直して!「無印良品&100均」で揃う万能防災グッズ♪

・無印良品の頑丈ボックス収納ケース

 

View this post on Instagram

 

mai_k.m.cさん(@mai_k.m.c)がシェアした投稿 -

 

防災グッズを揃えるにしても、

一番の悩みはその収納場所ではないでしょうか?

 

案外色々なものを準備すると、

家の中で置いておくにも邪魔になったりしますね。

かといって、しまい込んでしまっては、

自然災害が起きた時にすぐに準備できない可能性もあります・・・

 

出しておくなら、できるだけおしゃれにも気を使いたいですね!

そんな時に便利なのが、

無印良品の収納ケース」。

ポリプロピレン製のボックスは軽くて丈夫♪

屋外でも使える仕様となっており

なんと!蓋だけで100kgの耐荷重量があるので

簡易な腰掛としても利用できるんです。

 

しっかりと奥行きのある大き目ボックスなので、

カセットコンロを始め、簡易トイレグッズ、食料品や

鍋などの備えも余裕で入りますよ!

・災害時の情報収集に役立つ無印良品のラジオ

 

View this post on Instagram

 

菅原 まき子さん(@maki.style)がシェアした投稿 -

災害が起こってからの情報収集は、ラジオから手に入れるのが無難!

電池の消費量も少なく、携帯性に優れているので

どんな時でも持ち歩けて最新の情報を聞く事ができます。

 

携帯ラジオで一番問題となるのが「電池」。

電池が切れてしまっては、持っていてもただ邪魔になるだけですね・・・

この無印良品のラジオは、手動でハンドルを回す事で

内臓の充電池に充電されるといった仕組みになっているので

約1分間手動で回す事で、最大1時間ラジオを聞く事ができます。

 

ライフラインが途絶えた中でのラジオは、

災害時にとても役に立つのでおすすめですよ!

・急な災害でも日頃のケアができる無印良品の歯磨きシート

 

View this post on Instagram

 

IZUMIさん(@meg_____123)がシェアした投稿 -

災害時は、私たちの生命にもかかわってくる

「ライフライン」が途絶えてしまう事も大いに考えられます!

 

「歯磨きシートってそんなに重要?」と思う人もいるかも知れません。

実は、歯磨きに注目するのではなく

「口内ケア」を気にして欲しいのです。

阪神大震災時には被災者に「肺炎」になる人が多く、

このきっかけとなったのが「口内ケアが出来ていなかった事」だったようなんです・・・

 

口内ケアは非常に大切で体の不調時もサインとして現れる場所なので、

甘くみずに無印良品防災グッズとして準備しておくといいでしょう。

・ライフラインが途絶えても活用できる無印良品のソーラー充電器ライト付き

 

View this post on Instagram

 

Appleさん(@apple_turkey_x)がシェアした投稿 -

無印良品で、日頃から活用できるアイテムとして大注目なのが

ソーラー充電のできる防災グッズ

 

大切な人の安否が直接わかる、今や必需品となる「携帯」ですが

これも充電がきれたら役にたちません。

そんな時に非常に使える優秀な防災グッズとなっています♡

 

太陽光で充電して、さらにLEDライト付きなので

ランタン変わりに持てば夜でも安心♪

晴天時でソーラー充電させれば6時間~12時間で満タンまで充電できます!

 

満充電時には、約30時間LEDライトを使用することができますし、

携帯も十分に復活できます。

・100均で揃えたい緊急時の防災アイテム

 

View this post on Instagram

 

ちこちゃんさん(@chikochan0425)がシェアした投稿 -

100均では、日頃使わないようなアイテムを十分に確保する事が

できますね!

 

簡易なものにはなりますが、レインコートに電池

ホイッスルやまくら、アルミ断熱シートなど・・・

ライフラインが途絶えてしまった時のための

を浄水するアイテムやランタン変わりになるような

簡易的なライトなども売っています♪

こういった細かなアイテムは100均の小分け用ジップケースに入れて

ラベルを張って備えておくと便利です。

 

小分けにする事で大き目のリュックでも

なんなく取り出す事ができますし、

汚れものや着替えなどどんなものでも対応できます。

・救急用箱に入っているようなアイテムを100均で揃えておく

 

View this post on Instagram

 

ユウキさん(@flow_hayuka)がシェアした投稿 -

自然災害が起きた際に、けがをしてしまう事もあります。

そんな時のためにも、簡易的なもので良いので

救急箱を作っておきましょう!

 

新しく購入するにも値段がはるので

100均で色々な救急防災グッズを入れて置く事をおすすめします。

マスクに消毒液、包帯にばんそうこうなど

色々豊富にそろっているので

今一度準備しておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

自然災害の一番怖い所は、

「いつ起こるかわからないこと」。

そして、みながみな冷静な判断ができるかというと

難しい所もあるのが現実です。

 

災害が起こってから準備をするのは遅すぎます!

私たちの生存にもかかわる食やに関しても

しっかりと備えておかなければ危険なんです。

 

地震大国、「日本」と言われている以上は

地震から逃れる事はできません。

事前に防災グッズを備えておき、

そして定期的な見直しをする事が重要となってくるでしょう。

 

寝ているときに地震が起こっても逃げれるよう

ベッド周りにはリュックヘルメット

外靴を必ず置いておきましょうね!

 

是非、参考にしてみて下さい。

おすすめの記事