もう朝から気温差でバズらなくていいよ♡20度?15度?何着ればいいか教えます♪

ファッション

気温差の激しいこの季節・・・秋必要なのは「気温差」の知識♪

夏からにはいると、自然と必要となってくるアイテムが変わり

同時にファッションにも変化がかかってきます。

 

「羽織が欲しい」「ジャケットが欲しい」物欲が止まりませんよね♡

このおしゃれの悩みもいいですが、実際は気温にも意識しなければなりません!

TVでは当たり前のように解説している「気温」。

簡単に羽織ものを持って・・・コートをきていくと・・・なんていうけれど

どんなコーデをすればいいの!?なんて朝から困ります。

20度なら、15度なら、少し秋も深まって冬入り口な10度なら・・・

これを目安とした気温差コーデを知っておけば

朝から悩んでは焦って着替えなくてもスマートにこなせます♪

 

そんな「必要な気温差アイテム」はいったいどんなアイテムなのか?

一緒に詳しく見ていきましょう!

20度?15度?10度などを目安とした気温差コーデはコレ!

・気温、20度目安なら薄手のカーディガンの出番

 

View this post on Instagram

 

mayblue_jpさん(@mayblue_jp)がシェアした投稿


夏が終わったら、まず手に入れておきたいのが「薄手のカーディガン」。

は実用的に使えるのとコンパクトに収納できますし、どんな時でも合わせやすいので

必需品となります♪

 

昼間は暖かいけど、日が落ちると夜は肌寒い時間に入ります。

日中とは違って身震いするような肌寒い日が当たり前となってくるので

軽めのカーディガンは着ていきましょう。

 

View this post on Instagram

 

✩⋆aco⋆✩さん(@happy_acoaco)がシェアした投稿

 

天気予報では「1枚羽織るものを持っていきましょう」というけれど

どの位のアイテムを実際持っていけばいいのかわからない・・・

そして「今日は○○度まで下がります」なんて言われたら

準備しているものだと足りないかも!なんて考えてしまう事も。

 

毎日の服装に悩まない為に気温別服装の提案になります。

・気温、15度目安ならブルゾンがジャケットを準備

 

View this post on Instagram

 

kimyさん(@kimyyy.m)がシェアした投稿

15度くらいまで気温が下がる日は、ジャケットやブルゾンを着ていきましょう。

このジャケットやブルゾンの下は薄手のアイテムでも問題ありません♪

 

気温的に似ているのは春のイメージ。

実際春だとシフォン素材のアイテムやカラーアイテムに羽織が主流となりますが、

これをに置き換えると薄手のカットソー(ニット)にジャケットorブルゾンになります。

 

そして、これをクリアしたら「アウターの着丈」にも意識すると

一気におしゃれ度がUPします♡

今年もシルエットはロング丈が人気になりそうですが、ショート丈で

スタイルUPを図っても素敵です!

シンプルで着回ししやすいジャケットorブルゾンでも

らしいカラーを取り入れれば季節感をしっかりと演出できている服装へと

ブラッシュアップができます♪

 

View this post on Instagram

 

AYAさん(@ayayayark)がシェアした投稿

 

・気温、10度目安なら薄めのコートが大事

 

View this post on Instagram

 

SEA BERTHさん(@seaberth_official)がシェアした投稿

10度まで気温が下がる日は、ニットの上に薄手のコートやアウターがあると良いでしょう。

らしい薄手のコートであればニットコートやトレンチコートなど豊富にあります♡

 

シンプルでベーシック、王道なコートを手に入れておけば

どんな秋の服装でもマッチします。

らしいチェック柄やチドリ柄、カラーはカーキやブラウンといったものを選ぶことで

一気におしゃれな服装へ・・・

秋冬になりがちなダークトーンコーデにも映えるハンサムなスタイルを

表現することができますよ♡

 

 

View this post on Instagram

 

〜kufu〜さん(@info.kufu)がシェアした投稿

この位の気温になってきたら、足元もぬかりなく!

20度から5度も下がっているので、気を付けないと足を冷やす時期です。

ショートブーツはもちろん、ソックス×パンプスといった寒さ防止を意識したファッションも

取り入れてみましょう。

・気温、5度目安なら厚手の本格的コートやアウター

 

View this post on Instagram

 

Shoiさん(@shooooi__i)がシェアした投稿

5度まで下がる日であれば、まずは「冬」の服装を意識する事。

マフラーや手袋も必要となってくる気温です・・・

 

厚手のロングコート、ダウンコートなど本格的アウターが必要となってきますね!

厚手のものをインナーとして着ると肩が凝ったり着ぶくれする事もあるので

要注意な気温です。

そんな時は、ヒートテックやあったかインナーなどを取り入れて

スマートな自分のおしゃれを見せましょう♪

 

この気温だと、足元だけでなく「脚」をも守っていかなければ

体が冷えてしまいます。

ロングスカートやワイドパンツなどで防寒をしっかりとしながら

おしゃれすることも忘れずに!

 

 

View this post on Instagram

 

み う ぴ 👶🏻🍒さん(@nice._.takaup)がシェアした投稿

5度を目安に気温が下がれば、「ダウン」アウターも必須です。

特に冷え込みを感じるなら絶対にダウンアウターをコーデに取り入れて♡

さらに手袋やマフラーも必要となってくるので

10度を切る日が多くなってきたら、事前に準備しておくといいかも・・・

 

これでもう、気温対策で季節感ばっちりな服装ができますね♪

まとめ

いかがでしたか?

実際に外出前、一歩外にでて寒さを体感してから出る人も

少なくないこの季節。

 

のおしゃれには「気温差」を図った服装ができると

とてもスタイリッシュに決まります!

出先でアウターやコートを脱ぐ羽目になったり、

寒すぎて買い足す何てことは避けておきたい物です。

 

この気温差がわかれば、大抵のコーデに必要な知識が

備わります♪

17度なら・・・8度なら・・・

秋冬おしゃれをする際は、色々と考えなければなりませんね。

この悩みも楽しめる季節ですから

是非参考にして頂けたらと思います♡

mignon編集長

110,242 views

元アパレルスタッフ。 15年ほどのアパレル歴で おしゃれなモノ・コトが大好き❣️ 男の子1人育てるアラサーママです🎶

プロフィール
この記事が気に入ったら、いいねしよう!毎日エンタメ情報がとどきます。

ピックアップ記事