素敵なお部屋を維持していつでもクリーンな気持ちに♡クローゼットの整理術のコツ♪

片付かないお部屋に、毎日イライラしてはいませんか?

女性はおしゃれが好きなもの。

そのシーズンのトレンドや欲しいアイテムを購入しては

捨てずに増えてしまう事も多いのです!

洋服や小物は良いものが集まってくるのに、着ないものはでていかない・・・

そんな状況ではクローゼットはいつまでたっても整理できません。

夏は汗をかくのもあって洗い替えがたくさん必要。

冬は1枚が厚手であるものが多いので場所をとってしまう・・・

定期的にクローゼットは整理していかないと、キレイな状態を保つことはできません。

そんな時に、整理術としてハンガーや棚を上手に使った整理の仕方があれば、

キレイなクローゼットをずっと保つことができますね♪

今回はそんな、「クローゼットの整理の仕方」についてポイントをご紹介していきます♡

すっきりクローゼット整理術はポイントを抑えればOK!クローゼットの整理の仕方

①自分の良く着るワードローブアイテムを絞る

shioさん(@shio_228)がシェアした投稿 -


まず、クローゼットを整理するには、事前に自分の洋服の種類や多さを調べます。

どんな洋服が好きな兆候なのか、どのアイテムが多いのか、着るのか着ないのか・・・・

色々なパターンがありますが、いったん整理してください。

そして大体の目安わかったら、クローゼットの中に入れるアイテムの比率を

出しておきます。

おおまかに上段はボックス整理、中段にメインに切る服、下段にはあまり使わないものを

メンテナンスしていきましょう!

クローゼットの中身は、持ち主の趣味やライフスタイルによって多種多様。

人から見れば「どれも一緒じゃ・・・」なんて思いますが、

おすすめな整理術としては、仕切り版を取り入れる事です♡

薄暗い所でチョイスをしたり、電気をつけない時だと、色を間違えてしまう事も・・・

手作りの物でも良いので仕切り板をハンガーに差し入れて色分けしておくと

とっても便利なんですよ!

②棚やハンガーをつるスペースを作る

LIMIA(リミア)さん(@limiajp)がシェアした投稿 -

洋服ならずともクローゼットに整理するアイテムは限りを知りません。

機能性を大事にしておく場所を決め末永く収納を、

そして、把握しておく自体色々と置いてしまって困っている原因といえます。

夏場のハンガーは、ボトムスを中心に広げておきます。

冬場のハンガーは、どうしてもアウターが必需品になるので入れ替えていきます♪

どこに何があるかをカテゴリーで分けておくと、ごちゃごちゃなクローゼットもすっきりします。

この決められたスペースを少しでも多くの衣類をかけるなら、「ハンガー」が有効です!

ただハンガーを使うのではなく揃えて整理する事がおすすめですよ♪

③ハンガーは滑らないタイプを使い、同じもので揃えて置く

Yokoさん(@tree_flower_home)がシェアした投稿 -

ハンガーを揃える理由は、見た目のすっきり感。

同じ幅で同じ太さで・・・と合わせる事でとても綺麗な状態に見えます♡

整理の仕方から見ても、同じハンガーであれば

統一感はもちろん、滑りにくいタイプでしまう時に取れてしまう事もありません。

選ぶ際もスライドして落ちると言った事もありませんので、ストレスフリーになります♪

他にも、クローゼット自体がせまくても奥行きのある作りなら

手前をハンガーにして、奥のにあまり使わない衣類&衣替え用衣類をしまえば

デッドスペースが出る事もありません!

整理整頓するコツ

①畳み方を揃える

クローゼットに棚やカラーボックスを取り入れるなら、畳み方は統一しましょう。

特に仕様であれば見せる収納の状態になるので、バラバラのテイスト違いでいれるだけで

ごちゃごちゃした印象になります・・・

綺麗な畳み方ができるならそれでもいいですが、難しいようであれば

畳みやすい状態で大丈夫です!

カラーボックスなら縦に整理して洋服を入れる事をおすすめします。

縦に入れる事で、どの衣類がはいっているかが目に見えてわかるので

しっかり入っていても解りやすい整理術として有効です♡

②ボトムスやロング丈の洋服は階段状につるす

___stsan___さん(@___stsan___)がシェアした投稿 -

クローゼットを開いた時、着丈を揃えて収納するとすっきりと見えます。

右から左、もしくは左から右にかけて長さに変動をかけていきます。

カテゴリー別でわけて収納し、もし次に気になるアイテムがあれば

整理しているクローゼットの写真を撮って置けば、しっかりとした判断で

お買い物ができますよ♡

他にも、ハンガーにかけるアイテムが少ない時期に、「吊るす」を購入すれば

簡単に羽織れるカーディガンなどをたたんで入れる事も整理術としておすすめです♪

③引き出しは仕切りアイテムを使って小分けする

masamiさん(@___________jms)がシェアした投稿 -

女性の場合、キャミソールやベスト、レーヨン素材のアイテムなども

整理するアイテムにはいります。

ですが、こういった小さなアイテムや畳みにくい素材のアイテムは、

ちょっとしたアイデアの整理術を使えばキレイにしまえるんです!

それは、カラーボックスに最適なサイズの「仕切り板」を準備し

マスを小さくすると言った整理の仕方。

これをする事で、整理しにくいアイテムも簡単キレイに収める事ができますよ♡

まとめ

いかがでしたか?

ちょっとの工夫でここまで整理の仕方が変わるんです♪

難しい事をするのではなく、初めからその作りにしてしまえば

あとはスペースにはめていくのでとても整理がしやすくなります♡

部屋の中が片付かない!なんて人は、もしかするとクローゼットも整理できていないのでは?

服の乱れは心の乱れとも言います。

毎日の少しの努力で日々のストレスが軽減されるので、是非ともお試しくださいませ!

 

おすすめの記事